U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談
HOME >IFRS関連特集ページ

IFRS関連特集ページ

これまでは、米国はUSGAAP(米国会計基準)、日本は日本の会計基準といった具合に国や地域によって会計基準が異なっていましたが、ビジネスの国際化に伴い、世界中の国々が自国の会計基準を「IFRS化」する潮流は速度を増しています。
※IFRS(International Financial Reporting Standards):国際財務報告基準

IFRSとUSGAAPは、これまで世界の2大会計基準として対峙してきましたが、両者の設定期間である国際会計基準審査会(IASB)と米国の財務会計基準審議会(FASB)は、2002年10月の会計基準のコンバージェンス(収れん、収束)に関するノーウォーク合意を皮切りに調整を重ね、コンバージェンス作業を推し勧めた結果、2008年末にはIFRSとUSGAAPの重要な差異が解消しました。
このような中で米国の証券取引委員会(SEC)は、2007年11月に重要な声明を発表しました。米国の証券市場に上場する外国企業がIFRSを用いることを容認し、これまでIFRSを適用する企業に課していたUSGAAPへの調整表の作成義務の免除を決定したのです。コンバージェンスから「アドプション(=IFRSを自国の会計基準として適用すること)」へという歴史的な方針転換の背景には、米国の大企業の多くがIFRSを採用する国々で事業活動を行っているという現実があります。
ところが、その後SECは、IFRS導入に関する立場を替え、USGAAPを温存しながらIFRSを取り込む方向へと再び方針を変更します。2011年5月、SECはIFRSを米国の財務報告制度に取り組む方法として、新たに「コンドースメント(=コンバージェンスとエンドースメント:承認を合わせた造語=自国の会計基準をIFRSに収れんさせた上で承認すること)」アプローチを提唱しました。USGAAPの維持を前提として、5〜7年の移行期間を設けその間にIFRSの規定をUSGAAPの中に取り込むというもので、コンバージェンスの一種と言えます。
IFRSの新基準の公表や基準の改訂が行われる際には、米国のFASBによる承認(エンドースメント)の手続きを経て、USGAAPに取り込まれることになります。さらに、注目すべきは、IASBの決定事項を承認するに当たって、米国のFASBがIFRSの基準設定プロセスに参加することを条件としている点です。これは、実質的にはFASBとIASBが共同して今後のIFRSの中身を変更していくということです。

まず、IFRSは特定の国の会計基準ではないため、日本や米国の会計士試験のように自国の会計基準に基づく公認会計士試験、つまり「IFRSのみに基づく会計士試験」は存在していません。

それでは、世界各国の会計士試験の中で“今”なぜU.S.CPAが狙い目の資格なのでしょうか?

「英語」

大きな理由の1つは、ビジネスに関わる多くの方にとって「英語」がますます無視できなくなっているからに他なりません。IFRSも元の言語は英語です。IFRSの最新の改訂情報もUSGAAPと同様英語で発信されています。つまり、日本で仕事をしていても英語による最新情報をいち早くキャッチしていくことが、会計のプロとしてこれからますます求められる重要なスキルの1つになるでしょう。

「USGAAPとIFRS両方の知識」

これからの会計のプロは「各国会計基準とIFRS両方の知識」が求められるようになるでしょう。まず前述のとおり、USGAAPとIFRSは重要な差異が解消しています。そこで、会計のプロを目指す皆さんにTACがオススメしたい学習方法は、まずはUSGAAPを徹底攻略。その後、USGAAPとIFRSとのいくつかの差異だけを後から補足する学習法です。「原則主義」のIFRSについて効率的により深く理解することができると思います。
※ IFRSにおいては、数値基準や例外を設定することを極力避け、概念フレームワーク(基本的な考え方)や会計基準の目的を提示する「原則主義」のアプローチが用いられており、実務における判断の幅が非常に大きくなるといえます。今後の会計界の課題は、原則主義であるIFRSの実務への応用です。原文(英文)で基準の行間を読み、会計理論的背景を考慮しつつ個々の処理判断をしていくことが必須になると思います。

「日本の会計の近未来を先取り」

U.S.CPAを目指すということは、いち早く世界標準の会計知識を身につけられるだけでなく、日本の会計の近未来を先取りすることにもなるのです。近年、日本の公認会計士・税理士試験合格後スグに、W資格を目指してUSCPA試験にチャレンジされる方が急増しています。

上記を踏まえた上で、会計はもちろん、法務・税務・経済・IT・ファイナンス・内部統制などビジネス界の中心的な話題を全て網羅し、しかもプラスアルファで「英語力」+「IFRS」の知識が習得できるU.S.CPAが今狙い目の資格であると言ってよいのではないでしょうか?

優秀なキャリア人の方の声を聞こう!  税理士&USCPA試験合格者 内海治三郎さん
内海 治三郎さん スイス系外資系企業の管理畑に勤務しており、国際会計基準を理解する必要があり、そこで国際会計基準とほぼ近い米国会計基準について学べるUSCPA試験にチャレンジすることにしました。
優秀なキャリア人の方の声を聞こう!  公認会計士&USCPA試験合格者 石塚 恒雄さん
日本の会計士がUSCPAの学習をする最大のメリットは、会計基準等を英語の原文で読める英語力を醸成することだと思います。もちろん、米国会計・監査基準や税法・ビジネス法等の知識を浅く広く習得でき、その過程で、日本の関連基準も含めて相互理解を高めることができます。多忙な日常の中で多くの時間を費やし、大量の英文と格闘することで得られることは、会計基準や海外事務所の英文マニュアル等を英語の原文のまま読解いくための基礎的素養です。もちろん、USCPAの合格レベルに達しても、全ての会計・監査・税務基準を英文ですらすら読める訳ではありません。でも、苦労して合格することによって得られた自信と英語力によって、少なくとも英文へ恐怖感がなくなり、日本の法令を小六法で調べるのと同じような感覚で英語の原文に入っていくことができるはずです
優秀なキャリア人の方の声を聞こう!  証券アナリスト等&USCPA試験合格者 匿名希望さん
学習開始時の「英語力」は決して高くない状況(U.S.CPA学習開始の4年前に受験したTOEIC®TESTスコアは530点)。U.S.CPA試験2科目後にTOEIC®TESTを受験したら785点でした。知らず知らずのうちに英語力も養われていたようです。
優秀なキャリア人の方の声を聞こう!  東証一部上場企業 専務執行役員 谷 充史さん
谷 充史さん 会計系の勉強をするとか、あるいは会計士の資格を取ろうと思った時、選択肢は日本の会計士かU.S.CPA、主にこの2つですよね。私は社会人になってからキャリアの半分は海外勤務ですので、U.S.CPAを選択したということもありますが、アメリカがすべていいとは言いませんが、少なくとも会計に関しては、日本の会計基準とか財務報告の内部統制とかということに関して、日本はアメリカを追いかけているということに間違いはないんですよね。その意味からも私としては、先に「追いかけていくほう=U.S.CPA」を勉強することにしたわけです。
優秀なキャリア人の声を聞こう!  公認会計士&USCPA試験合格者 高島 彰浩さん
高島 彰浩(たかしま あきひろ)さん 昨今、監査法人では会計基準や各種制度の国際化やグローバルベースの仕事を扱う必要から、職員に英語力が要求される場面が増えつつあります。US.CPAを勉強する前から、将来的なことを考えて英語の勉強を始めていたのですが、語学系の資格の勉強ではなかなかしっくりと英語が身につかないんですね。やはり英語を使う世界にどっぷり浸からないと本物の英語力は身に付かないと思いました。もちろん仕事の現場で学ぶのがベストですが、きっかけとして、せっかく監査法人で働いているのでUS.CPAをとってみるのはどうだろうと考えたわけです。監査の現場で実際に使う英単語や、米国の会計基準がマスターできて、更に仕事の幅も拡がり、良いことづくめということで是非挑戦してみようと思いました。また、私の職場にはUS.CPAを持っている方が多数いたことも、チャレンジの動機となりました。

日米の会計、IFRSに強いTACがBeckerとコラボレーションしたコース、それがUSCPA本科生コースです。 Becker CPAレビューコースは、過去に50万人を超える合格者を輩出してきた実績があり、その合格率は、非Becker受講生の約2倍です。「Beckerテキストに載っていないところは解答できなくていい。」とまで言われています。
Beckerとコラボレーションできるのは日本ではTACのみ!

TOPに戻る

前のページに戻る