U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

アロマテラピー検定に導かれたUSCPA

岡本 航さん

京都大学2008年卒業
勤務先:総合商社
2017年からインド駐在中

2018年6月 U.S. CPA試験合格(アラスカ州)
FAR 91点(17年9月/1回目)
BEC 83点(17年12月/1回目)
REG 85点(18年6月/1回目)
AUD 86点(18年6月/2回目)

Q1 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

新卒で営業経理として業務をこなしていたものの、ただ業務をこなすだけでなく、体系的な知識を身につける必要性があると、入社以来不安に似たようなものを漠然と感じていました。そんな中、ある日隣に座っていた事務職のお姉さまとアロマテラピー検定を受けようという話になり、検定を受けるための勉強を会社の業務終了後にこなす生活が始まりました。そのお陰で業務後に勉強する習慣がつき、アロマテラピー検定合格後、入社以来漠然と抱いていた不安に向きあおうと思い立ち、チャレンジにいたりました。

Q2 学習開始時の英語力・会計知識は?

会計知識:簿記2級/経理実務経験あり
英語知識:TOEIC® L&R TEST 700点程度

Q3 TACをお選びいただいた理由は?

テキストがしっかりしている、と評判だったためです。

Q4 TACの講座でよかったところ(講師、教材、カリキュラムなど)

特にtaxの内田先生はわかりやすく良かったです。直前対策もラインマーカーで何が何だか分からなくなるほど使い倒しました。

Q5 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

海外駐在が始まることが想定されていたので、DVDで受講しました。

Q6 合格までの学習法(全般的なこと/科目別)

勉強はDVDを2倍速で視聴し、問題集をこなすことに力を注ぎました。
問題集に関してはWEBとアプリのBECKER問題集のみを使用しました。

結局、合計の勉強時間は1,070時間程度でした。社会人で時間を作るのはなかなか難しいので、振り返ればもっと効率的に受験できればよかったとちょっと反省しています。特にFARは最初の試験ということもあり準備に準備を重ね過ぎました。各教科の勉強時間はFAR 408h/BEC 189h/AUD 235h/REG 240hとなりましたが、FARは時間をかけすぎて、実際試験の際には1時間半程度試験時間が余るという状態でした。最初は感覚が難しいと思うのですが、試験は通るのが目的なので、過ぎたるは猶及ばざるが如しということを意識するのも大事だと思います。

Q7 受験手続・受験時のエピソードなど

前述のようにFARは勉強し過ぎましたが、AUDは130時間程度の勉強で一度試験に臨み失敗しました。ただこの際のAUDの試験の出来は、信じられないくらい完璧にできたという感触でFAILの通知を受けたときは信じられませんでした。日本人にはAUDが難しい、と言われているようですが、まさにそれで、できたと思っただけだったようです。上で過ぎたるは~と言っていますが、日本人には難しいともいわれているようですので、個人的にはAUDは時間の許す限り重箱問題も確認しても良いのかなと感じました。

ちなみに試験はドバイ・アブダビ・日本の三拠点で受けました。インド在住の方はドバイ・アブダビでも受けれる(飛行機代が日本に行くより安い!)ので、そちらの国で受けるのもありかと思います。

Q8 勉強したことが仕事に役立っていることは

体系的な知識を学べたのはとても良かったと思います。また、なんだかんだ試験をpassした、というのが精神的には自分を支える何かになっていると思います。

Q9 これから合格を目指す方へのアドバイス

過ぎたるは猶及ばざるが如しの精神で、少ない時間を有効に使うのが吉と思います。
また、初期投資は結構な金額になる(試験を受けだすともっとかかる。。)と思いますが、受講をするかしないかのところまで考えているならば、勢いで始めた方がいいと思います。たぶん、お金を払えば、やらなきゃ、という気持ちが芽生えると思いますので。

  TOPに戻る