U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

やるべきことと期限を明確に
M.Iさん

2012年5月 U.S. CPA試験合格(ニューハンプシャー州)
FAR:86点(2011年11月/1回目)
BEC:76点(2012年5月/2回目)
REG:75点(2012年2月/1回目)
AUD:91点(2012年5月/2回目)

Q 1 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

会社の先輩に勧められたのがきっかけです。英語・会計スキルを強化できるのと同時に、ビジネス全般の実践的な知識が身につけられることが魅力的でした。

Q2 学習開始時の英語力・会計知識は?

TOEIC:800点台前半、日商簿記2級

Q3 TACをお選びいただいた理由は?

TACと他社1社で検討した際、TACのほうが、
(1)Beckerと提携するなど教材が充実していそうだった
(2)フォローが充実している
費用が比較的安く職場と帰宅途中に校舎があり通いやすい
ということから選びました。また、出願州の相談をしたスタッフ・講師の方の対応が丁寧であったことも好印象でした。

Q4 TACの講座でよかったところ(講師、教材、カリキュラムなど)

科目全体の論点を整理するのに、総まとめ講義とそのテキストが役立ちました。また、TAX/NPAの『直前対策まとめ』はきめ細かく丁寧に作られており、かなり活用できました。
講師陣も熱意のある方ばかりで、密度の濃い講義が受けられました。また、質問に行った際も丁寧に対応していただきました。

Q5 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

DVD通学で学習し、何回か教室講義にも参加しました。合格までの学習期間は1年半弱です。

Q6 合格までの学習法(全般的なこと/科目別)

【全般的なこと】
全科目とも、まずは講義を一通り受講してしまい、その後、Beckerと過去問を解くといった流れで勉強しました。基本的に、講義受講後すぐにテキスト掲載問題とTAC問題集を解いて学習範囲を復習していました。Beckerは1〜2問飛ばしで解き進め、supplemental questionsには手を付けませんでした。また、間違えた問題、理解が曖昧な問題に印を付けておき、繰り返し解き直しました。
【科目別】
FAR/BEC:この2科目を最初に受験しました。試験日3週間前に両科目のFinal Examを解いたのですが、FARが正答率60%も満たない結果となったため、最後のほうはFARに注力して勉強しました。結果、FARは合格したのですがBECは不合格となりました。今思うと、焦ってFARばかり勉強してしまい、BECの特にWC対策がおろそかになっていたのが原因でした。

REG/AUD:受験までの準備期間が約2.5ヶ月しかなかったため、とにかく怒涛の勢いで未受講の講義(REG:1/2、AUD全部)を受講しました。REGは厳選問題集と直前対策集のSIMのみ解き、AUDは2問飛ばしでBeckerを1回転しました。AUDは問題数が多かったためMC対策に時間が取られてしまい、SIMの対策が十分とれませんでした。結果、何とかREGは合格しましたが、AUDのSIMがweakerで不合格となりました。

BEC/AUDの再受験:Becker問題集(MC/SIM/WC)を一から解きなおし、間違えた問題は解説を熟読して理解を深めました。AUDは一覧表を作成し、reportingの内容を整理しました。

Q7 受験手続・受験時のエピソードなど

初回の受験手続(2011年5月/オンライン)をした際、NTSが予想より2週間ほど早く届いたため、有効期限が受験希望日より前になってしまいました。再受験の手続き(2012年3月/オンライン)では、申込後2日でNTSが届いたため、NTS発行までの期間が以前より短縮されていると思います。
1回目の受験で他の受験者がキーボードを叩く音が気になったため、次から耳栓を持参しました。会場にも消音用のヘッドフォンが置いてありますが、耳栓の方ほうが音漏れがなく集中できるのでお勧めです。

Q8 これから合格を目指す方へのアドバイス

私は最初に全体的なスケジュールをしっかり立てなかったため、前半のFAR/BECの受験対策に押されて、後半のREG/AUDの勉強時間が十分とれませんでした。学歴審査や受験手続などが計画通りに行かないこともあるかと思いますが、最初に勉強量や手続きにかかる時間などの全体像を抑え、やるべきことと期限を明確化しておくことが短期合格の鍵になると思います。
また、思うように勉強が進まないときがあるかと思いますが、一つ一つ積み重ねていけば必ず結果が出ますので、諦めずに頑張ってください。

  TOPに戻る