U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談
  1. HOME
  2. U.S.CPAとサクセスガイド
  3. 1. U.S.CPAとは? : 1. U.S.CPAの魅力と将来性

1. U.S.CPAとは?

1. U.S.CPAの魅力と将来性

U.S.CPA(U.S. Certified Public Accountant, 米国公認会計士)とは、文字通り、米国の公認会計士資格です。米国の資格でありながら、日本をはじめ世界中の様々な業種、職種、年齢の方が就・転職、キャリアアップなどのさまざまな目的でUSCPA試験にチャレンジされています。


U.S.CPAを目指す理由(※TAC受講生の皆様からの声)

(1) IFRS(国際会計基準)にいち早く対応できる。
ビジネスの国際化に伴い、世界中の国々が自国の会計基準を「IFRS化」する潮流は速度を増しております。
USCPA試験では、すでに2011年1月以降、IFRSに関する出題が行われています。USCPAの学習を通じ、USGAAP(米国会計基準)とIFRSに関する知識を効率的に習得していただけます。

(2) 学習内容自体が大きな魅力である。専門知識を「英語」で一挙両得!
会計はもちろん、法務、税務、経済、IT、ファイナンス、内部統制など実務に活かせるレベルの専門知識を体系的に、そして「英語」で習得できます。よりレベルの高い「専門力」と「英語力」が求められる時代となり、USCPA試験の学習内容自体が大きな魅力となるのです。

(3) 会計士業務の劇的拡大により活躍の場が広がっている。
大企業が作成する財務報告書の監査証明業務だけが会計士の仕事ではありません。監査以外の業務で急速に拡大しているのが、トランザクション・サービスであり、M&A(合併・買収)、リストラクチャリング(事業の再構築)、IPO(新規株式公開)など企業の重要な局面において的確なアドバイスとソリューションを提供する業務です。国際会計基準(IFRS)導入関連業務や内部統制関連業務などはもちろん、USCPAが活躍できるフィールドは劇的に広がっています。

 

USCPAはビジネスシーンで信用度を与えてくれる資格です。

米国公認会計士(U.S.CPA)試験は米国の公認会計士協会(AICPA)が問題を作成し、全米州政府会計委員会(NASBA)が実施している試験です。2011年の8月からは日本でも受験が可能となっています。
グローバル化が急速に進む中、今後ますます出願者数の増加が見込まれるUSCPA試験の理解を深める目的で、NASBAの理事長であるケン・ビショップさんにUSCPAを取得するうえでの意義や国際的評価、今後の試験の動向などについてインタビューを行いました。

NASBA理事長/CEO Ken L. Bishop氏からのメッセージ


U.S.CPAへの求人ニーズ

日本国内でUSCPA資格を活かせる場は、監査法人等での監査業務などいわゆる会計専門職、一般企業での経理・財務・内部監査業務、コンサルティング会社など多岐多様です。

雇用者側の声独占インタビュー 宮島 信明さん 学びつづけることが重要であることを理解し
それを実践している人が成功者になる

外資系石油関連企業 常任監査役 宮島 信明さん

もちろん世界に活躍の場があるのが、U.S.CPAです。Becker社が作成した以下PDF資料(※英語)をご参考にしてください。日本でも世界でも、活躍の場がますます広がっています。

CPAs in Great Demand

PDFGlobal CPA Opportunities



2.キャリアアップに関するQ&A

TOPに戻る