U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談
HOME > What's New(新着情報)

What's New(新着情報)


2018/10/29
  【重要】REG:2019年1月以降に出題予定のトランプ税制への対応について

2018年度版USCPA本科生・総合本科生をご受講中の皆様へ

≪トランプ税制の概要≫
米国公認会計士協会は、2019年1月1日以降のUSCPA試験より、トランプ政権の税制改革法「The Tax Cuts and Jobs Act (TCJA)」を出題するとしています。トランプ政権による今回の改正は、法人税率の大幅引下げに加えて、個人所得税に関しても税率の引下げをはじめ幅広い分野での改正が含まれています。レーガン政権下における税制改革(1986年)以来の大幅な改正となります。個人所得税の改正は2018年〜2025年末までの時限法であるのに対し、法人税の改正は恒久的に適用となるものが多いです。

≪2018年度版TACテキスト(TAX)について≫
お手元の2018年度版TACテキストには、既にご存知のとおり、“備考欄(アメリカ国旗付きのボックス)”に、トランプ税制の主な改正項目を記載しています。これらの内容をまとめた改定レジュメを作成し、対策講義を行います。

≪Becker Online演習ソフトについて≫
USCPA本科生・総合本科生等に付属するBecker Online演習ソフトは、利用可能期間内であれば、全科目、常に最新バージョンで問題演習をすることができます。2018年10月現在、 “トランプ税制完全対応バージョン(V.3.3.)“に切り替えての問題演習が可能です。

≪改定レジュメ&対策講義の実施時期≫
2018年度版USCPA本科生・総合本科生をご受講中の方は、お手元の2018年度版テキスト・問題集をしっかり学習していただき、改定レジュメ&関連資料で、効率的に、そして短時間でトランプ税制の主要な改定点をおさえていただけるよう、現在準備を進めております。“ピックアップした改定MC&TBS問題”の演習を追加するだけで、十分に短期合格を狙っていただけます。また、TAC×Beckerクオリティーの“新論点のTBS問題”も多数ご用意しています。
2018年内のUSCPA試験が終了する12月上旬を目安に、2018年度版USCPA本科生・総合本科生の方を対象とした“全2回の対策講義”を実施します(受講生サイト上でのご視聴になります)。

TAC米国公認会計士講座

 

前のページに戻る