U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談
HOME > What's New(新着情報)

What's New(新着情報)


2011/5/23
  日本受験に関する情報まとめページ

最終更新日:2011年5月23日

日本受験をお考えの皆様へ

これまで当新着情報でお伝えしてきた情報を含め、日本受験をまとめた資料を作成いたしました。是非ご活用くださいませ。

日本受験サマリー(2011年10月現在)
※ ニュージャージー州、デラウエア州は日本受験参加を取りやめました。

受験手続につきましては、日本受験追加料金の支払方法などの詳細を「受講生情報サイト」にUPしております。

TAC米国公認会計士講座

以下の内容は2011年5月6日に掲載したものです。

日本受験に関する追加情報(2011年5月6日)

<1>グアムも日本受験が可能になりました。

5/2付の新着情報にて日本受験が可能か確認中としておりました「グアム」について、NASBAのサイトにて、日本受験に参加する州としてリストに追加されていることが確認できました。

<2>受験手続について

日本受験をするための手続きの流れについては下記のようになります。
STEP 3までは日本受験をする、しないにかかわらずこれまでと同じ手続きになりますので、学歴審査、出願手続きをお待ちいただいていた方は手続きをお始めいただいて問題ございません。

なお現時点で日本受験が可能な州は下記NASBAのサイトに掲載されています。
http://www.nasba.org/exams/internationalexam/international-process-to-apply/

  • STEP 1 学歴審査
  • STEP 2 出願州へ願書を提出
  • STEP 3 NTS(受験票)の受領
  • STEP 4 日本受験のための登録手続き(International Feeの支払い)
  • STEP 5 プロメトリックテストセンターの会場予約

※STEP 4の日本受験のための登録手続方法については、NASBAの各州のページにある、Test Internationallyのボタンを押すと表示される、「Pay International Fees」をクリックすることで進められると思われますが、現在マニュアルを作成中です。完成次第、受講生の方向けの受講生情報サイトにてご案内いたします。

以下の内容は2011年5月2日に掲載したものです。

日本受験に関しての追加情報

このたびNASBAの一部の州のページに「Test Internationally」というボタンが追加されました。このボタンがある州が現時点で日本受験が可能になる州であると思われます。このボタンをクリックすると日本受験をするために必要な科目別の追加料金についてもご覧いただくことができます。
※ただ日本受験について具体的な手続き方法についてはまだ発表されておりませんのでわかり次第ホームページ等でご案内いたします。

<1>日本受験が可能になると思われる州(「Test Internationally」のボタンがある州)について

主な出願州の中で、今回発表された日本受験が可能になると思われる州(「Test Internationally」のボタンがある州)は下記のとおりです。

  • ニューハンプシャー州
  • アラスカ州
  • モンタナ州
  • バーモント州
  • デラウエア州
  • イリノイ州
  • ワシントン州
  • ※「Test Internationally」のボタンがない「メイン州」は日本受験ができないと思われます。
    「グアム」についても同様にボタンがありませんが、現在確認中です。
  • ※日本受験が可能な州については今後追加される可能性もありますので、わかり次第都度ホームページ等でご案内いたします。
  • ※「Test Internationally」ボタンの有無の確認方法
    NASBAのサイト(http://www.nasba.org/)→EXAMS→CPAEXAM→各州のページにてご確認いただくことができます。

 

<2>受験料ついて
日本受験する場合、追加料金を含めて1科目あたりの料金は$500になります。

下記のように日本受験される場合は科目別に追加料金の支払いが必要となります。
日本受験に必要な科目別の追加料金

FAR $292.85
BEC $314.90
REG $314.90
AUD $292.85

※この追加料金については一度支払うと返金はされません。

したがって通常受験料と合わせた科目別の料金は下記のとおりいずれの科目も$500となります。

  通常受験料 追加料金 合計
FAR $207.15 $292.85 $500
BEC $185.10 $314.90 $500
REG $185.10 $314.90 $500
AUD $207.15 $292.85 $500

※上記の他に従来通り出願料(Application Fee)が必要です(州によって料金は異なります)。

追加料金の支払い方法等具体的な手続き方法については4月30日現在情報が出ておりませんので、確認が取れ次第ご案内いたします。

<3> 日本受験開始に伴う出願州の選択について
上記<1>の内容がそのまま日本受験できる州、できない州として確定した場合、TACとしては下記のような出願州の選択方法をお勧めする予定です。

1)これから出願手続きをお始めになる方

  1. メイン州に出願して、グアム等で受験する
    メイン州は引き続き4大卒の学位があれば受験資格が満たされる受験資格が緩やかな州ですので、4年制大学卒業の学位をお持ちの方で会計単位をお持ちでない方などは、追加単位の取得することなく受験資格が満たされています。残念ながらメイン州出願の場合、日本での受験はできませんが、すでに受験資格を満たされている方はすぐに出願手続きを始めることができ、早期受験、早期合格を狙える点でお勧めです。
  2. アラスカ州・ニューハンプシャー州・ワシントン州など日本受験ができる州を選択し日本で受験する
    上記でご案内しました日本受験ができる州はいずれも会計単位等を一定数以上お持ちいただく必要があるなどの「単位要件」がございますので、会計単位等が不足される場合は、当校の単位認定試験プログラムをご利用いただくなどして受験資格を満たしていただいてから出願することが必要となります。

2)すでにいずれかの州に出願済みの方

  1. メイン州など日本受験が不可の州に出願されている方はグアム等米国内でテストセンターでの受験が必要となります。
  2. 日本受験が可能な州に出願されている方は追加料金を支払うことで日本受験が可能となるようです。具体的な追加料金の支払い手続きについて分かり次第ご案内いたします。

TAC米国公認会計士講座

 

以下の内容は2011年4月21日に掲載したものです。

【日本受験】追加情報の発表時期について

受講生各位

日本受験のスケジュールについて4月に詳細情報が発表される予定との公表内容について
このほどNASBAに確認を取りました。

<1>スケジュールについての変更はない予定です。
すでに公表されている「5月からの願書受付開始、8月から受験開始」のスケジュールについて変更はない予定です。

<2>大部分の詳細の発表は5月に入ってからの公算が高くなりました。
ただし、日本受験についての詳細情報(参加する州や料金等)については4月中にNASBAのサイトに掲載予定との発表がありましたが、大部分の情報については5月に入ってからの願書受付開始と同じタイミングで公表される公算が高くなりました。

TACでは情報が発表され次第ホームページ等でご案内いたします。

 

以下の内容は2011年3月2日に掲載したものです。

【日本受験】2011年8月スタート!

日本受験2011年8月開始との公式発表がありました。

2011年3月1日付米国公認会計士協会(AICPA)ホームページにて8月より日本での受験が開始される旨公式発表がありました。

<1>出願の受付について
日本での受験を希望される方の願書の受付は5月1日より開始されます。
手続き方法、受験費用などの詳細についてはNASBAのサイトに4月に掲載される予定です。

<2>日本で受験できる方
日本国籍をお持ちの方、日本に長期滞在中の外国人の方(短期滞在の方は不可)、米国国籍をお持ちの方で米国外にお住いの方

<3>受験できる月
各Window(1〜3月、4〜6月、7〜9月、10〜12月)で1か月ずつ
※2011年8月以降は11月、2012年2月、5月に実施の予定

日本受験を希望される方の学歴審査および出願に関してご注意をお願いしたい点

(1)出願・再受験申請について
「日本受験を希望する方の出願を5/1から受け付ける」とありますので、日本での受験を希望される方は、4月に予定されている詳細の発表をお待ちいただいてから出願をするようにしてください。

(2)学歴審査について(初回出願の方)
日本受験が可能な出願州についても4月に発表される予定ですので、出願を希望される州が日本受験可能かどうか現時点では不明です。従いまして4月の詳細発表をお待ちいただいてから学歴審査を依頼されるほうが安全であると思われます。

 

AICPAからの発表内容については下記をご覧ください。
http://www.aicpa.org/Press/PressReleases/2011/
Pages/InternationalAdministrationofUSUniformCPAExam.aspx

日本受験について追加情報があり次第、当ホームページ等でご案内いたします。

 

 

以下の内容は2010年12月6日に掲載したものです。

2011年日本受験開始について 米国公認会計士協会より公式発表がありました

USCPA試験の日本受験開始について、10月17日付で米国公認会計士協会ホームページにて公式発表がございました。 内容の詳細については、2010年の第4四半期(12月末まで)に発表予定とのことです。
従いまして、現時点で、去る7月に発表された内容以上の情報は出ておりませんが、詳細が発表され次第、本ホームページ上等でお知らせする予定です。

米国公認会計士協会公式発表・日本受験に関する情報は下記からご覧いただくことができます。

  1. ニュースリリース
  2. プレスリリース
  3. Journal of accountancy.com
  4. FAQ

 

以下の内容は2010年7月16日に掲載したものです。

USCPAの受験をお考えの皆様

USCPA本試験ですが、2011年より日本でも受験が出来るように調整が進んでおります。

  • 日程:2011年半ばより(予定)
    ※1年のうち2月・5月・8月・11月の年4回実施予定
  • 会場:東京・横浜・大阪のプロメトリックセンター(予定)
  • 費用:未定

※4科目合格者は、4科目のうち1科目でも日本で受験をすると、Database(インターネットで合格者を検索する為のDatabase)に名前が登録されます。
4科目合格後3年以内にLicenseを取得しない場合はDatabaseから登録がなくなります。但し合格実績はDatabaseから登録がなくなった後も有効です。
その後、実務経験を積んで申請をすればLicense取得も可能です。

※上記事項は2010年7月16日に東京にて行われたAICPA(米国公認会計士協会)ミーティングで公表された内容になります。
※変更・追加情報があり次第、新着情報にてお知らせをさせて頂きます。

TAC米国公認会計士講座




前のページに戻る