U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談
HOME > What's New(新着情報)

What's New(新着情報)


2008/11/28
  US講師のぶっちゃけ話 第18弾 【試験中に困ったこと:ワースト3】

US講師のぶっちゃけ話ということで、USCPA試験のこと、受験勉強のこと、講座の裏話などをお話させていただきます。勉強の合間のひと息に読んでいただけたら嬉しいです。


今年も残すところ1ヶ月となりました。USCPA試験は12月はお休みなので、今年の試験はおしまいですね!今回は、沢山の合格者の方々から頂戴した受験経験談を踏まえ、試験中に困ったこと:ワースト3(嫌だと思う順)とその対処法を書いてみたいと思います。

<ワースト1位:コンピュータのフリーズ>
試験中にコンピュータがフリーズしてしまった・・。
⇒ これは相当ひどいと思うのですが、たまに起こることのようですね。対処法としては、速やかに手を挙げる!テストセンターの係の人がコンピュータを直してくれます。ただ、試験時間はそのままでロスタイムを認めてくれないようです。数分のロスタイムですので、気を取り直して、最後まで全力を尽くしましょう。時間が削られてしまって休憩なんかとってられないと思われるかもしれませんが、次のテストレットに移る前にあえて休憩をとり、リラックスするのもいいかと思います。


<ワースト2位:試験開始時間の前倒し>
試験当日、余裕を持って1時間ぐらい前(※)にテストセンターに到着した。テストセンターの受付に、氏名と予約時間を伝えNTSと身分証明を提示したら、「スグに試験を始められるので、試験をはじめてください」と言われてしまった。心の準備ができていないのに・・。
(※) 試験の予約時間の30分以上前にテストセンターに到着していることが要求されています。通常、試験は予約時間の30分前から予約時間までの間に開始されることになります。
⇒対処法としては、時間通りに始めたいと意志を伝えるしかないと思います。または、早めに到着してもテストセンターには入らずに近くで最後の時間を有効に使ってください。


<ワースト3位:テストセンターが寒かった>
試験中、クーラーの効きすぎで予想以上に寒かった・・・。
⇒これは皆さんおっしゃられることですので、外の気温が高くても、必ず上着(例:トレーナー、カーディガン)を一枚持っていきましょう。コンピュータルームへの入室時に、トレーナーなどを手で持って入ることはできません。着て入るか、着ないかのどちらかです。ロッカーに入れておいて、休憩時間に着に行くこともできます!

<余談>どのくらい寒いと感じるのか・・?もし宿泊先のホテルの近くに大きなスーパーがあれば、行ってみてください。アメリカのスーパー(特に生鮮食品売り場)は、必要以上にかなり寒いことが多いと思います(笑)。


<番外編:コンピュータルームで注意される可能性があること>
試験中にコンピュータルーム内で
1) トレーナーを脱いだら注意された。※休憩をとり退室しない限り脱げません!
2) 足を組んだら注意された。
3) 靴を脱いだら注意された。
4) 落とした鉛筆を拾ったら注意された。※手を挙げて係の人に拾ってもらいます。
⇒細かいと思いますが、要は、「必要以上に動くな!」ということなのでしょう。注意されたら集中力が途切れてしまうかも・・という方は上記を頭の隅にいれておいてください。
5) 居眠りしてたら注意された。
もしかしてジョークだったのかもしれませんが、実際に居眠りして起こされたという方がいらっしゃいました。



こんなことを書いてほしい!聞いてみたい!・ご意見・ご感想をお待ちしております。そのまま講師に転送させていただきます。
uscpa@tac-school.co.jp  タイトルは:【講師のコラム】


前のページに戻る