U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談
HOME > What's New(新着情報)

What's New(新着情報)


2010/07/16
  US講師のぶっちゃけ話 第61弾【海外転勤・留学】

US講師のぶっちゃけ話ということで、USCPA試験のこと、受験勉強のこと、講座の裏話などをお話させていただきます。勉強の合間のひと息に読んでいただけたら嬉しいです。

<海外転勤希望!>
海外転勤を視野に、USCPAにチャンレンジされる方が多数いらっしゃいます。海外転勤の希望を出したときにアドバンテージになる資格となると、TOEICのスコアにどうしてもプラスアルファが求められてしまう時代です。USCPA試験合格はアドバンテージになることが多いようです。

さらに・・。海外転勤の目標を達成され一時帰国された方から、「USCPA試験の勉強を通じて学んだ専門知識を仕事に活かせたのはもちろんですが、自然と身に付いた英単語(ボキャブラリー)の豊富さで自信が持てたんです!ありがとうございます。」というご連絡を頂戴したことがあります。コミュニケーションをとるための英語ですが、日常会話とビジネス会話ではかなりの差がありますよね。自分は英語が得意だったはずなのに、専門用語が飛び交うミーティングで質問されるととりあえず「YES・・」と言ってしまう寂しい(悔しい)状況を経験したことはありませんか!?

<留学するなら・・>
大学在学中または休職して短期留学をされる方は、留学中にプラスアルファとなるUSCPAの勉強を始めるのがお勧めです。留学とUSCPA試験勉強と2つのことを同時にやるわけですが、これはかなり効率が良い(相乗効果がある)と思います。毎日図書館で1時間“影勉”し、その後英会話の勉強のために遊びにくりだすなんていかがでしょうか? 私も留学時代にやっていれば社会人になってから寝ずに勉強することはなかったのに・・と後悔してます。





こんなことを書いてほしい!聞いてみたい!・ご意見・ご感想をお待ちしております。そのまま講師に転送させていただきます。
uscpa@tac-school.co.jp  タイトルは:【講師のコラム】


前のページに戻る