U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

合格者の現在


1.合格者の生の声

突然のアメリカ生活。よし、U.S.CPA試験で英語の勉強も一緒にしよう!
匿名希望さん

プロフィール: 2009年 5 月 U.S. CPA試験合格(Maine 州)
FAR: 94点(2009年 5月/ 1回目)、BEC 85点(2009年 5月/ 1回目)、REG 88点(2009年 2月/ 1回目)、AUD 94点(2009年 4月/ 1回目)
一橋大学(大学院)修士(日本の)公認会計士資格保有。 
現在、夫の海外赴任に伴い、アメリカ合衆国に在住
【Q】 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?
突然の夫のアメリカ赴任に伴い、私も職場(金融機関)を休職し、アメリカに住むことになりました。せっかく英語圏にいるのだから、英語で、かつ、自分の職業に関連する勉強をしようと思い、U.S.CPA試験にチャレンジをしました。

【Q】TACをお選びいただいた理由は?
私がTACを選んだ理由は、以前『公認会計士講座』を受講したことがあり、TACへの信頼があったからです。

【Q】TACの講座でよかったところは?
よかったと思うところは、先生方の分かりやすい説明と、何が重要なポイントであるのかを明確に指摘してくださるところです。特に、先生方が、「なぜそのような考え方をするのか。」ということを分かりやすく説明してくださったので、単なる暗記になることなく、理解することができました。 実際の試験では、見たことのない問題に何度も直面しましたが、考え方を理解していたので、すぐに対応することができました。

【Q】TACでは通学・通信どちらで学習されましたか? 合格までの学習期間は?
私は2008年5月下旬より、DVD通信講座を受講しました(実際に視聴を始めたのは2008年8月)。学習期間は約10ヶ月です。

【Q】合格までの学習法は?

科目別での学習法の違いはありませんので、全般的な学習法です。
● DVD通信講座の学習環境〜周囲の人に協力してもらう
DVD通信講座では、1人で学習することになるかと思います。自分のペースで勉強できるなど、DVD講座の利点はたくさんあります。しかし逆に、「勉強を続けるぞ!」と、強い意志を持ち続けなければ、気が付くと数日、数ヶ月、勉強から遠ざかるという危険性もあります。
実際に私は、5月下旬に教材が届いたものの、教材が届いたことに意味もなく満足してしまい、さっそく約2ヶ月も勉強から遠ざかってしまいました。2ヶ月経って、友達がUSCPAの勉強を始めたことや、私の姿に呆れた夫が「きちんと、勉強したら?勉強しないことの言い訳ばかりでだらしない。」と発破を掛け続けてくれたこともあり、その空白の2ヶ月の後は、勉強に専念しました。私のように、自分の意志を強く持ち続けることが苦手な方は、勉強仲間を作ったり、家族や友人に自分の目標を話し、時々背中を押してもらったりするとよいと思います。

● TAC & Beckerを信じる 
私の知っている限りでも、「この○○出版の本(問題集)は、U.S.CPA試験にいいそうだ。」と、TACとBeckerの教材以外に手を広げる方が結構います。勉強熱心ですばらしいとは思うのですが、試験の結果に関していえば、残念ながらあまりよい結果を聞いたことがありません。特に「○○出版問題集のこの問題はみたことない!」と焦って、手を広げる方もいるようです。しかし実際は、かなりマニアックな問題で試験にはほとんど関係なかったりするので、TACとBeckerの教材で十分だと思います。

● 学習の順番
FARの知識や計算方法が他の受験科目の基礎になっています。FARをきちんと習得してから、他の科目を勉強されることをお薦めします。もし、「FFARがずっと続いて、何か気分転換に他の科目も同時に勉強したい」と思われたら、法律系の科目(最初にBusiness structure、次にBusiness law)がよいかもしれません。個人的な感想ですが、法律系科目は直接FARの知識が関係ない上に、学習時間が多く必要と思ったからです。
勉強の流れとしては、
1講義聴き終わったら、TAC問題集の該当問題を解き始める

章立て単位で講義を聴き終わったら、TAC問題集を見直して、実践トレーニング集
の該当問題を解き始める
* 私が申し上げている『章立て単位』とは、例えばFARの2回の講義でテキストの第1章を網羅している、と言うように、講義ではなくテキストの章ごとの意味です。

試験1か月前にシミュレーションとWritten Communication対応を始める

試験1週間前にBeckerのFinal Examと最終確認をする。

《すでに基礎知識をお持ちの方へ》
私も同じなのですが、すでに会計(あるいは米国の税務など)の基礎知識をお持ちの方は、まず問題を解かれてみて、わからない部分の授業のDVDを視聴されるとよいかもしれません。わからないところだけ重点的に聞くことで、時間を効率的に使うことができます。問題を解いてみると、自分の予想以上に、「あれ?」と思う部分が出てきたりします。@1講義を聴き終わったら、TAC問題集の該当問題を解き始める 
問題を解くことで、自分の理解できていない部分を特定できたり、理解できないと思っていた部分が理解できたりします(特に計算科目)。また、問題を解くことで、知識も頭の中で定着します。
A 章立て単位で講義を聴き終わったら、TAC問題集を見直して、実践トレーニング集(あるいはPass master)の該当問題を解き始める
個人的な勝手な意見ですが、TAC問題集は理解の基礎を固めるための問題集であり、実践トレーニング集(Pass master)は、内容及び問題の言い回しの点で、本番の試験対応の問題集だと思います。このため、基礎を固めた後は、実践トレーニング(Pass master)で、問題慣れすることが有効です。私は、Pass master(パソコン画面)を使わず、実践トレーニング集(紙)のみを利用していました。理由は、単なる私の好みなのですが、紙の方が直接メモを書き込むことができたからです。試験慣れ(画面慣れ)を心配される方もいるかと思いますが、その点は、Final examの択一問題を試験前に解くことで解決していました。
B 試験1か月前にシミュレーションとWritten Communication対応を始める 
試験1ヵ月前になると、私はSimulation対策講義及びWritten Communication対策講義を視聴していました(それまでは、ひたすら択一問題を解いていました。)。シミュレーションとWritten Communicationの対策を始めることで、もう一度『全体像』を確認することができます。
Simulation対策の学習法としては、対策テキストに載っている問題を何度も解きました。Becker course CDのシミュレーション問題は、時間内に解答できるように、軽く解いてみる程度でした。
Written Communication対策の学習法としては、もともと私は英語が苦手ということもあり、Simulation対策テキスト及びBecker course CDのシミュレーション問題内のWritten Communication問題を、実際に書いて解きました。目的は、文章全体の最初と最後の書き方、文章の言い回し(クライアント宛に固い文章にしたいのか、部下宛の簡単な文章にしたいのか)、及びキーワードになる単語を覚えるためです。
C 試験1週間前にBecker Final Examと最終確認をする 
Final Examは、私にとってはとても難しく、「Final examでこれだけ正答率が低くて、合格できるのかしら。」と不安になりました。しかし、本番の方が易しいので、Final Examで悲惨な点数を取られた方もがっかりしないでください。ここでは、時間配分に慣れることもさることながら、間違った問題を確認することが目的です。実は、私が本試験を受けた際、Final examで出題された問題に類似している問題に何度もあたりました。 
Final examを解く以外は、今までの問題集の中でずっと間違え続けている問題のみもう1度解くことと、先生方から「これだけは、問答無用で覚えてください。」といわれた項目の確認をしました(例えばTAXの数字など)。


【Q】受験手続・受験時のエピソードなどは?
幸運にも、私は受験手続に手間取ることはありませんでした。
受験時のエピソードとしては、試験会場の室温に関することです。会場は、暑かったり、寒かったりします。私は調整のために、カーディガンを羽織って試験会場に入室しようとしました。その時、試験官に呼び止められ、「試験時間中に試験会場で(カーディガンを)脱いだり着たりしてはいけませんよ。脱ぐのなら今脱いでロッカーに仕舞うか、羽織るならそのまま試験が終わるまで羽織り続けてください。私(試験官)と一緒に一度入室して、室温確認してみますか?」といわれました。試験官が親切な方で助かりました。

【Q】これから合格を目指す方へのアドバイスをお願いします。
勉強中は嫌気が差すこともたくさんあると思いますが(私は差しました)、試験に合格してすべてが終わったときに、新たな知識を見につけた喜びと、「自分はがんばった!」という達成感が何とも言えません。合格目指してがんばってください!

  TOPに戻る