U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

USCPA合格までの道のり

香取 康隆さん

1996年5月生まれ
明治大学法学部 2019年卒業

2020年2月 USCPA試験合格(アラスカ州)
FAR 80点(2018年10月/1回目)
BEC 75点(2019年9月/2回目)
REG 84点(2020年2月/2回目)
AUD 79点(2020年7月/2回目)

Q1. USCPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

大学生活では時間が有り余っていたので、その時間を有効に使い一生涯使える資格を取りたいと考えてUSCPA試験に目を付けました。TACでは日本の公認会計士試験のパンフレットにも目を付けましたが、大学生の間にやりたいことが他にも沢山あり、それらと両立できるというところに惹かれて、USCPA試験にチャレンジすることを決めました。正直なところ、USCPAと名刺に書けたらかっこいいなぁとも思いました。

Q2. 学習開始時の英語力・会計知識は?

会計知識:ゼロ
英語知識:TOEIC®L&R TEST:750〜800点程度

Q3. TACをお選びいただいた理由は?

最初に説明会に参加したのがTACさんでした。説明会の中では、試験の仕組みや勉強の進め方だけでなく、取得後のキャリア等についても解説してくださり、大変魅力的な資格であると感じました。見本として配布されたテキストもわかりやすいと感じたため、その場でTACさんを選ぶことに決めました。

Q4. TACの講座でよかったところ(講師、教材、カリキュラムなど)

全科目に共通して、直前対策まとめがとても分かりやすく、試験前の復習に役立ちました。試験に重要な部分が網羅されていて、試験前は問題集と直前対策まとめのみを使って勉強していました。講師の方々は皆、試験を非常によく分析していると感じました。試験の傾向に合わせて解説してくださったので、対策しやすかったです。
またREGの勉強を始めた際、持っていたテキストがトランプ税制に対応していなかった為、改めて最新版を購入することになったのですが、再受講制度のおかげで出費を抑えてテキストを用意できました。

Q5. 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

DVD通信
1500時間程度か、それ以上

Q6. 合格までの学習法(全般的なこと/科目別)

講義を進めながら、そこに該当する問題集を同時に進めるようにしました。一度講義を聞いたらその後は、ひたすら問題を解き続けました。テキストを読むとなんとなく理解した気になりますが、いざ問題を解こうと思うと全く解けない、という事が多々あるので、理解度を深めるためにはひたすら問題を解くしかないと思います。
特にFARは範囲が広く、それなりに深い理解が求められる問題も多いという印象を受けましたので、かなり多くの時間を問題演習に割きました。またBECのWCは頻出論点については、回答を準備しておくという事が有効かと思います。

Q7. 受験手続・受験時のエピソードなど

アラスカ州は、大学生の初回出願時、特別に必要な書類があったのですが、それを失念しておりNTSを受領するまでにかなり時間がかかりました。またNASBA宛に追跡付きで送付し、受領されたはずの書類が届いていない、受け取っていないと言われるなど、受験までの手続きにとても時間がかかったので、早め早めに準備しておくべきだと思いました。トラブルがあった際も、TACの担当者の方が親身になってアドバイスをくださったので、とても助かりました。

Q8. 勉強したことが仕事に役立っていることは

現在就職活動中です。

Q9. これから合格を目指す方へのアドバイス

法学部所属の大学生で会計知識がゼロだった私にとって、合格までの道のりは本当に長いものでしたが、全科目合格したときの達成感は格別でした。TACさんのテキスト、講師の方々の説明は非常に明快で分かりやすく、知識ゼロの私をも合格に導いてくれました。最初は全く分からなくても、根気強く問題演習をひたすらこなしていけば、必ず合格が見えてくる資格です。
もし当時の私のように、受講を考えている大学生の方がいれば、是非チャレンジしてみてください!

  TOPに戻る