U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

TACの教材をやりきれば合格します

H.Sさん

1980年生まれ
勤務先:国内大手証券会社
証券アナリスト

2017年12月U.S. CPA試験合格(アラスカ州)
FAR 86点(2016年11月/1回目)
BEC 75点(2017年2月/1回目)
REG 75点(2017年12月/2回目)
AUD 76点(2017年8月/2回目)

Q1 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

勤務先が米国にも上場しており、米国会計基準を採用していたことから米国の会計や監査に関心がありました。英語力を向上させたいと思ったこともきっかけの一つでした。

Q2 学習開始時の英語力・会計知識は?

会計知識:特になし
英語知識:TOEIC® L&R TEST650点(10年以上前のスコア)

Q3 TACをお選びいただいた理由は?

講師の質と教材の質が高いと感じたからです。また、Beckerと提携している点も大きなポイントでした。

Q4 TACの講座でよかったところ(講師、教材、カリキュラムなど)

会計知識がほぼ無い状態からでも合格レベルに達するようにカリキュラムが組まれています。教材は本試験に必要な範囲を網羅しておりますが、独学では理解しきれなかったでしょう。講師が強弱をつけて説明してくれたおかげで何とか合格点の取れるレベルまで知識を定着することができました。講師は科目ごとに違いますが、それ故に担当科目の指導も卓越したものでした。

Q5 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

通信のみで学習。途中ブランクがあり全く勉強しない期間がありましたが、それを除くとインプット+単位取得期間1年、アウトプットと本試験受験を並行していた期間1.5年ぐらいです。インプット期間はかなりスローペースでした。そこでアウトプットも頑張っていればもう少し学習期間は短縮されたと思います。また、AUD、REGは勉強不足の状態で1回目の受験を迎えたので、勉強時間があったのに別の誘惑に負けた自分の怠慢です。(妻にも勉強している感じがしない、大丈夫かと言われました。)

Q6 合格までの学習法(全般的なこと/科目別)

全般 講義(SIM対策まとめを含む)を1.5倍速で聞く
→問題演習→テキストの見直し→問題演習の繰り返し
共通してAICPAリリース問題5年程度は解きました。
TACの受講生情報サイトにあるレジュメの改定資料などを定期的にチェックしました。
(BECKERのソフトは本試験勉強前の段階では使用期限切れの状態で使用していません。)

FAR 講義視聴後、TACの紙ベースの問題集を3回転程度+テキストを何度も見直し
→1回目で合格

BEC 講義視聴後、TACの紙ベースの問題集を3回転程度+テキストを何度も見直しさらに、WC対策としてTAC直伝の日本人用テンプレートを暗記しました。
→1回目で合格

AUD 1回目
講義を視聴後、TACの紙ベースの問題集を2回転+テキストを何度か見直しの段階で本試験→74点で不合格

AUD2回目
1回目に加えてさらにテキストとレポート集を精読、TACの紙ベースの問題集を2回転、さらに覚えきれていない点のまとめノートを作って試験前に見直しました。
→合格

REG1回目
講義を視聴後、TACの紙ベース問題集を2回転、テキスト見直し数回、
「直前対策まとめ」で最終確認→66点で不合格

REG2回目
1回目に加えて問題集2回転、テキストを何度か見直し、講師直伝の「直対」は自分でも加工し、何度も見直し
→合格(落ちたと思い、試験後はすぐに勉強を再開しました。)

・2017年4月以降のTBSは添付資料が多く、より実務的で処理能力が求められ
TBS用の勉強をしっかりする必要があります。
(TACのSIM対策総まとめでカバーされています。)

Q7 受験手続・受験時のエピソードなど

REGの日本受験を申し込んだ際に、日本受験料を支払ったのにも関わらず日本のプロメトリックセンターが予約できませんでした。TACに電話して、NASBAの担当者を教えてもらい直接コンタクトをとりました。何度もメールでやりとりをし、結果的に10日程度で解消したのですが、待っている間非常にストレスを感じました。

Q8 勉強したことが仕事に役立っていることは

現在の勤務先でのキャリアの幅が広がった。(資格を活用できる部署へ異動希望を出すことも検討しています。)
英語の文書のやり取りに以前ほど抵抗がなくなった。
何より自信がついた。

Q9 これから合格を目指す方へのアドバイス

まず、FARを合格することで道は開けると思います。(FARのexpire前に他の3科目を合格するような行動をせざるを得なくなりなりますので)
TACのカリキュラムを信じて講師の指導通りのインプット、アウトプットを行えば必ず合格します。

  TOPに戻る