U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

スマホで短期合格

H.Yさん

大手税理士法人に勤務
税理士(日本)

2017年3月 U.S. CPA試験合格(アラスカ州)
FAR  91点(2016年11月/1回目)
BEC  78点(2016年12月/1回目)
REG  82点(2017年2月/1回目)
AUD  86点(2017年3月/1回目)

Q1 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

業務上、米国の会計・税務の知識が必要となったことをきっかけとして、将来の海外勤務に向けて有益な資格だと思ったのでチャレンジしました。

Q2 学習開始時の英語力・会計知識は?

会計知識:税理士
英語知識:TOEIC®L&R TEST 900点

Q3 TACをお選びいただいた理由は?

教材が充実していると感じたからです。

Q4 TACの講座でよかったところ(講師、教材、カリキュラムなど)

まとめ教材とBecker オンラインの問題演習が良かったです。

Q5 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

DVD通学で学習しました。学習期間は2016年10月から2017年3月までの約6ヶ月間です。

Q6 合格までの学習法(全般的なこと/科目別)

(全般)
1科目ずつ勉強して受験しました。学習は全科目とも次のステップで行いました。
@ DVDをできるだけ短期間で一気に視聴
A Becker オンラインのMC問題をすべて解いて、解説を読む
B 解説を読んでも理解できないところをTACテキストで復習
C 間違えたBeckerオンラインのMC問題をもう一度解く
D 正答率が100%になるまでB、Cを繰り返す
※TBSやWCの対策はしませんでした。
オンライン問題はすべてスマホで解いたので、場所や時間を選ばず勉強でき、働きながらでも毎日しっかり学習時間を確保できました。

(FAR:1科目目)
約2ヶ月間勉強しました。公会計の分野は全く知識のないところからのスタートでしたが、テキストを熟読して理解を深めました。問題演習もほとんどの時間を公会計に割いていました。学習範囲が広いので、自分の不得意な分野を集中的に学習して、効率よく苦手を克服することが大事だと思います。

(BEC:2科目目)
約1ヶ月間勉強しました。管理会計以外のコーポレートガバナンス・経済・ITの各分野は体系的に学習したことがなかったですが、教材がコンパクトにまとまっているので、あまり苦になりませんでした。この科目は真面目に勉強すると範囲が広く、すべてを学習するのはかなり大変だと思いますが、試験対策としてはテキストとBeckerオンライン問題で十分だと思います。

(REG:3科目目)
約2ヶ月間勉強しました。米国税務に関連する仕事をしていたので、スムーズに勉強できました。ビジネス法は少し暗記が必要ですが、税法は基本のコンセプトを抑えれば試験問題に対応できると思います。全科目の中でこの科目のテキストが一番良かったです。

(AUD:4科目目)
約1ヶ月間勉強しました。初めて学習する内容でした。授業のペースがゆっくりで、テキストの内容もあまり相性が良くなかったので、途中でDVDの視聴をやめて、Beckerオンライン問題のみで挑みました。

Q7 受験手続・受験時のエピソードなど

TACの受験生サイトに受験手続について詳細が掲載してあるのでとても役に立ちました。本試験で問題を最後まで解き終わってから、TBSの解答の確証を得るために検索機能を使って条文を調べていた時に、PCがフリーズしたことがありました。焦りましたが、係員の方が丁寧に対応して下さったので良かったです。結局、フリーズした時点の解答は無事で、試験時間もフリーズした時点から止まっていたので、ロスはありませんでした。

Q8 勉強したことが仕事に役立っていることは

仕事の一部に米国の会計・税務に関連する業務があるので、勉強したことが直接役に立っています。実務で扱う内容の方が難易度の高い複雑な内容ですが、基礎が分かっていることで正しく理解して進めることができるので、勉強して良かったと思います。

Q9 これから合格を目指す方へのアドバイス

勉強した分だけ結果が出る試験だと思います。長い期間モチベーションを維持するのは大変だと思うので、通勤電車の中でスマホを使って問題を解くなど、時間を有効利用して、できるだけ短期間での合格を目指してみて下さい。

  TOPに戻る