U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

限られた時間で効率よく勉強すること、最後まであきらめないことが大事

金 智潤さん

Ewha Womans University (Seoul, Korea)卒業
勤務先:外資マーケティング会社ファイナンス

2017年3月 U.S. CPA試験合格( ニューヨーク 州)
FAR 92点(2017年 3月/ 1回目)
BEC  84点(2016年5月/ 1回目)
REG 87点(2016年 8月/ 1回目)
AUD  81点(2016年12月/ 1回目)

Q1 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

ファイナンスでキャリアを積んでいく中で、大学の専攻、職務以外に客観的に能力が証明できて、グローバルで通用する資格が欲しくてU.S.CPAにチャレンジしました。

Q2 学習開始時の英語力・会計知識は?

会計知識:日商簿記2級
英語知識:TOEIC®L&R TEST 990点

Q3 TACをお選びいただいた理由は?

2社ほどで迷いましたが、Beckerの教材を使っていること、TOEIC®L&R TEST の点数で割引がきいたこと、DVD受講期間が終わってからのフォローも充実であることを考慮してTACに決めました。

Q4 TACの講座でよかったところ(講師、教材、カリキュラムなど)

DVD通学でしたが、自分でスケジュールが組めることと、自習室が使えたことがよかったです。
教材ですが、日本語テキスト+Becker+Final Review テキストの組み合わせがすごくよかったです。最初の理解のため日本語のテキストを利用し、試験直前にはポイントが
まとまっているFinal Reviewテキストを使って復習して、もっと深く理解したい点や、英語の表現で迷うときはBeckerの本テキストを参照しました。
また、Becker Onlineソフトは通勤時間、外出している時間などにスマホで問題を解くこともできたので、時間の有効活用に役立ったと思います。

Q5 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

DVD通学15か月+AUDを延長して6か月、合計21か月
受講開始から最終合格まで約2年3か月ほどかかりました。

Q6 合格までの学習法(全般的なこと/科目別)

DVD通学の受講順番:FAR>BEC>REG>AUD
受験順番:BEC>REG>AUD>FAR
全科目、問題集とBecker Onlineソフトを繰り返して解くことで、理解が足りない部分の知識を埋めていく流れで勉強しました。受験日が近くなってからは、通勤時間、ランチ時間、仕事終わってからの時間を最大限活用できるように工夫しました。Becker Onlineソフトは携帯でも使いやすいので、通勤時間の活用に役立ちました。

BEC: 大学で経営学専攻だったこともあり、基本的な内容は大体理解していたので、細かい内容の暗記とEssayの準備を重視しました。
REG:内田先生の講義でも強調された通り、丸暗記よりは「理屈」を理解することに注力しました。最後は直前対策の資料に難しい/わからないところを書き足して繰り返して復習しました。
AUD: 文章の意味が理解できずに間違えてしまう問題が多かったです。同じことも異なる表現になると迷ってしまうため、一回間違えた問題から、わかりにくい表現を集めてリスト化して覚えました。そのためAUDの場合は英語の表現を理解、暗記するためBeckerの本テキストも参照しました。Simulation対策としてAudit Reportを集中的に読みまわしました。
FAR: 日本語のテキストをすべてレビューするには時間が足りなかったため、TACのFinal Reviewテキストをざっと1回読み、ひたすら問題を解いて、理解が足りないところを把握することから始めました。また、受講から1年以上も経っていたので、GAAPに改正があったりしたトピックもあり、テキストだけではなく、インターネットなどでリサーチも必要でした。もし受講から受験まで間が空いてしまう場合は、この点に注意されたほうがいいと思います。

Q7 受験手続・受験時のエピソードなど

私は韓国で大学を卒業していたこともあり、書類を取り寄せるにもいろいろと面倒なことが多かったですし、途中でNIESとCPAESの間でもトラブルがあり、成績評価手続きにとても時間がかかりました。やっと1科目目の受験に準備ができたときにスケジュールなどを考えてNIESへ成績評価依頼を出しましたところ、無事に成績評価が終わってCPAESへすべての書類送付が終わったと連絡をもらったにも関わらず、大体の所要期間という2週間が過ぎてもNTSが届きませんでした。メールで問い合わせたらCPAESの方では評価結果を受け取ってないなどの回答があり、またNIESへ連絡しその旨を伝えてもしばらく連絡が来ないので最後は担当者のメールアドレスを全部入れて怒りのメールを送ったりもした結果、成績評価終了から2か月後にやっと1科目目のNTSが届きました。2か月の間、このまま成績評価が終わらなかったらどうしようという不安と、スケジュールが後押しになっていることに対しての焦りで、勉強にも集中できなくなり、とてもストレスを感じた覚えがあります。ほとんどの方は問題なくスムーズに手続きが終わると思いますが、もし何かトラブルがあった場合は、自分から積極的に向こうの人たちをプッシュする必要があると思います。

Q8 勉強したことが仕事に役立っていることは

仕事が変わってないので、目に見える変化はありませんが、社内での異動などのときにアピールできるポイントが増えたのは間違いないと思います。

Q9 これから合格を目指す方へのアドバイス

早い段階で受験日を設定してそれを目標に集中して勉強することをおすすめします。特に社会人の方々は勉強の時間を見つけるのが大変だと思いますが、通勤時間、ランチ時間などを有効に活用して効率的に勉強することが大事だと思います。
モチベーションが下がってしまった時には、自分がなぜこの勉強を始めたのかを思い出すと、最後まで頑張れる原動力になると思います。

  TOPに戻る