U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

Becker3回転と勉強仲間との交流で4年間、19回の本試験で最終決着

Y.Sさん

1967年生まれ
神戸大学卒業
勤務先:一般事業会社
中小企業診断士(2012年登録)

2017年3月 U.S. CPA試験合格(アラスカ州)

FAR:76点(2017年3月/6回受験。内、expire後1回目)
BEC79点(2015年10月/3回目)
REG81点(2016年12月/5回受験。内、expire後2回目)
AUD81点(2016年10月/5回目)

Q1 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

中小企業診断士に合格した後、経営管理とファンド投資管理の部署に人事異動となった際、自社の財務諸表の作成並びに投資のミドル・バックオフィスの責任者となりました。国内監査法人とのコミュニケーションや米国ベンチャー企業への投資の管理の仕事があったので、そこで英語で財務会計を学び、資格を習得できる機会としてチャレンジしました。

Q2 学習開始時の英語力・会計知識は?

会計知識:なし(中小企業診断士合格程度)
英語知識:なし(TOIEC受験経験無し)

Q3 TACをお選びいただいた理由は?

中小企業診断士の受験勉強で知り合った方がTACで合格され、私の会計と英語のレベル感を承知された上で、TACをお薦めしていただいたからです。また、自習室の使い勝手の良さが決め手になりました。

Q4 TACの講座でよかったところ(講師、教材、カリキュラムなど)

先ずは、会計が初学者レベル、しかも英語も大学卒業以来使っていなかった私でも、理解しやすく授業していただいた先生方です。私の個別の質問にも丁寧にご回答戴き、また、常にモチベーションを上げていただきました。受験期間の後半ではBECKER中心に勉強して成果が出たので、これがよかったと考えております。

Q5 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

通学で学習しました。合格までの学習期間は4年間です。

Q6 合格までの学習法(全般的なこと/科目別)

当初は問題集を中心でした。しかし、英語の理解がイマイチなまま日本語解説で理解したつもりでも合格点がなかなか取れなかったため、途中でBecker中心に切り替えました。本試験前にBeckerのMCとTBSを3回転するようにしました。1周目は全問解く中で間違えたり、理解があいまいだった問題に印をつけました。2周目と3周目は印をつけた問題を解くことで3回転させました。するとAUD、REG、FARの3科目で連続して合格点を取ることができ、最終的に4科目合格を果たすことができました。

Q7 受験手続・受験時のエピソードなど

自主勉強会での仲間との交流が自分の大きな原動力であったと思います。不合格となった時や、特に科目合格がexpireした時には荒んだ心理状態の私の話を聞いて励ましてくれたり、受験に関する有益な情報を交換したりと、いつもたいへん助けられました。勉強仲間の皆さんにはたいへん感謝しております。

Q8 勉強したことが仕事に役立っていることは

監査法人や社内の財務経理担当者とのコミュニケーションの中で論点を明確にできることが役立っております。相手からの説明に対しての私からの質問や対応すべきことが明確になり、業務の効率化と品質の維持ができるようになったと感じております。

Q9 これから合格を目指す方へのアドバイス

英語と会計の知識がイマイチの方には本試験前までにBeckerを3回転すること、そして完全合格までモチベーションのコントロールに自信の無い方は勉強仲間との交流をお勧めいたします。

  TOPに戻る