U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

来日、育児、仕事、家事、Working Motherとして時間との戦い

郭 芳さん

1976年11月生まれ
勤務先:大手税理士法人
来日5年、限られた時間を最大限に活用。主人の協力も。

2015年11月 U.S. CPA試験合格(アラスカ州)
FAR 82点(2014年10月/1回目)
BEC 84点(2014年11月/1回目)
REG 75点(2015年4月/1回目)
AUD 87点(2015年11月/3回目)

Q1 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

6年ほど前に中国から来日してきた際に、TACで日商簿記2級を学習しました。その後、日商簿記1級を学習しようか、U.S.CPAを学習しようか迷いましたが、国際的にも通用する資格を取得することにより、自分の英語力と専門知識をいかして、どこの国でも共通に仕事の出来るグローバルな国際人になりたいと考えたためU.S.CPA試験にチャレンジしようと決意しました。

Q2 学習開始時の英語力・会計知識は?

会計知識:日商簿記2級
英語知識:TOEIC®TEST 965点

Q3 TACをお選びいただいた理由は?

インターネットで調べていた時に受講生の評判がよく、合格者の皆様の体験談も大変参考になりました。また講座説明会でのガイダンスがとても丁寧でした。
教材も実績の高いBecker教材を利用していることや、Bradley大学と提携をされていることもプラスでした。
また私にとっては、Beckerの講義を英語で視聴できるのも決め手の一つでした。

Q4 TACの講座でよかったところ

TACが提携しているBeckerの教材がやはり世界一のU.S.CPA教材で、たいへん分かりやすかったです。パソコンでの問題演習やスマホでの問題演習が出来るため、効率が良く便利でした。通勤時や外出時の隙間時間を利用してスマホでMC(4択問題)の演習をしていました。
またSimulation対策のテキストも非常に参考になりました。

Q5 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

通信DVD講座
一年半くらいです。

Q6 合格までの学習法

<全般>
まずは、時間を確保することです。私は、できるだけ朝4時に起きて2時間程度、お昼休み、往復の通勤時間などの隙間時間を活用しました。
TACのBecker教材では、米国のBeckerが行っている英語の講義も視聴することができますので、通勤時間を使ってスマホでBeckerの英語の講義内容を聞き流しました。帰宅後は、一度聞いた内容を紙ベースの教材を読みながらもう一度聞き取りを行いました。ここで自分なりのノートも作りました。時間は多少かかるのですが、これが一番頭に入りました。

教材の勉強が2回転した後、1回転目のMC問題に入ります。間違った所があれば、再度教材に戻ります。MC問題が1回転し終わった後、紙ベースの教材をもう一度読みます。こうして、頭の中でStructureを作っていきます。
その後、MC問題全体を2~3回転、間違えた所はノートに書きとめました。Simulation問題は3回、Final Exam(模擬試験)は 3回まわしました。
これが4科目全体の学習のベースです。

各科目ごとでは
FAR  
一番ボリュームのある科目でその量に驚きしました。また公会計もあるので多少戸惑いました。一番時間がかかった科目でしたが、地道にコツコツと問題を解いていきました。

BEC
BECにはそれほど苦手意識は無かったのですが、ITなど専門的な言葉を覚えるのが大変でした。Beckerの問題で見たことがない単語は、インターネットでその都度、調べるようにしていました。本番でも何個か知らない単語や思い出せない単語は出てきたのですが、なんとなく思い出しながら解きました。

REG
税法は、日本、中国、米国とそれぞれ違うのではじめは戸惑いました。また内容としては一番細かく幅が広いので、米国のBeckerに直接メールをして質問をしたりもしました。

AUD
この科目もはじめはそれほど難しいとは思わなかったのですが、実は試験では細かい部分がよく出題されたり、政府の監査や監査人の倫理、科目を横断するような問題(例えばFARの修正仕訳のような問題、在庫管理の仕訳等)が出題される傾向にあるようですので、FARもある程度は見ていただいた方が良いかと思います。

Q7 受験手続・受験時のエピソードなど

手続きは特に問題はなかったです。
試験の時、MCが全て解き終わりまして、Simulationを始める前に毎回、一回休憩しました。阿辺講師がセミナーの時に教えてくれたNutrition barを食べて、少し頭をresetしていました。

Q8 これから合格を目指す方へのアドバイス

継続は力になります。毎日少しずつでもかまわないので、コツコツと講義や問題を解いて英語の感覚を頭に入れていくと良いと思います。
来日した当初は、言葉も良く分からず、苦労したこともありました。友人が楽しく遊んでいる時に、朝4時に起きて勉強をはじめ、昼間は仕事、子供の育児と家事に追われていました。ただこの勉強をすることによって自分の人生を広げることができると信じて学習を続けていました。
実際、私も何年以上仕事から離れてしまった時期がありましたが、FARとBECが合格した段階で転職活動をして今の税理士法人に再就職することができました。それによって本当に見える世界が変わりました。
また自分が勉強している姿を子供たちに見せられたのも良かったかなと思います。
資格の勉強は大変かもしれませんが、基本的に自分で乗り越えられるものだと思います。日々の仕事における、お客様の対応や複雑なプロジェクトの解決、新しい発想などの方がよっぽど難しいと思います。
皆さんも是非、心が折れそうになっても自信を持って、夢をもって、自分を信じて頑張っていただきたいと思います。

  TOPに戻る