U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

USCPA License取得のメリットは数知れないと思います!
小泉 秀樹さん

1983年生まれ
慶應義塾大学2006年3月卒業
勤務先:金融機関
税理士

2014年2月 U.S. CPA試験合格( ニューハンプシャー州)
FAR: 92点( 2013年 10月/ 1回目)
BEC  87点( 2013年 10月/ 1回目)
REG  84点( 2013年 11月/ 1回目)
AUD  89点( 2014年 2月/ 1回目)

Q1 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

はじめは日米会計士の資格を持つ上司の薦めで取得を考えるようになりました。私自身も、これまでグローバルな会計事務所および金融機関で税務会計業務に携わってきましたが、(1)今後もグローバルに活躍したい気持ちが強かったこと、(2)日米の会計税務の違いを知ることで、さらに深い会計税務の知識が身に付くと考えたこと、(3)専門知識を英語で勉強することで、海外の関連会社とのコミュニケーションがスムーズに行くと考えたこと、(4)自分の市場価値を高めたかったこと、等の理由から受験を決めました。

Q2 学習開始時の英語力・会計知識は?

英語力は、コミュニケーションには困らない程度です。会計知識は、税理士資格を保有しているので特段問題ないレベルだったと思います。

Q3 TACをお選びいただいた理由は?

税理士資格取得時に大変お世話になったため、TAC以外は考えていませんでした。
USCPAの資格に限らず、会計、税務の資格はTACを選んでおけば間違いないと思います。

Q4 TACの講座でよかったところ

インプット用の教材は、日本人向けに(日本語と英語で)丁寧に作られていて、大変分かりやすかったですし、アウトプット用の教材はBeckerの問題をカバーしつつ、TACのオリジナルの問題もあり、かつ解説は日本語となっているものも多くあり、まさに合格まで最短距離で勉強ができる環境が整っているのではないかと思います。講師の方々は皆様素晴らしかったですが、その中でも特に小泉先生と阿辺先生の授業が抜群に分かり易かったです。

Q5 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

通学のDVD講座です。学習期間は、講座を申し込んでからは1.5年ですが、初めの方は手つかずでしたので、実質的な学習期間は10ヶ月程度です。

Q6 合格までの学習法

講義はすべて1.3倍速で聴きました。FAR、BECおよびAUDは、基本的には講義をすべて聴いた後、TACの問題集を2回まわしました。(もちろん、簡単だと思った問題には1回転目で×を付し、2回転目も同様の方法でまわしました)。その後、Beckerの問題集を同様の方法で2回まわし、本試験二週間前からAICPAリリース問題(3年分)、SIMULATION問題に手をつけ、最後にTAC、Beckerの問題集でまだ×がついてない問題を解きました。REGは範囲や問題が膨大でしたので、Beckerの問題集には手をつけておりません。TAXは内田先生の厳選問題集を同様の方法でまわし、BUSINESS LAWは杉浦先生が指定してくださったAランク論点をTACの問題集でまわせば十分だと思います。(もちろん、REGもリリース問題とSIMULATION問題は最低限つぶしましたが。)

Q7 受験手続・受験時のエピソードなど

受験手続は、私の場合は全てスムーズに行きましたが、敢えて挙げるなら受験票(6ヶ月間有効のもの)の発行が予想以上に早かったことです。1ヶ月超かかると思っていたところ1週間程度で発行していただきました。無事発行していただき安心しましたが、有効期限が発行時から半年のため前倒しとなり、少しだけ焦った記憶があります。
受験も、横浜の受験会場の方々のおかげで大変スムーズでしたが、AUDの受験日は大雪で試験開始5時間前に家をでてなんとか受験できたものの、帰宅できず、横浜のネットカフェで一夜を明かした辛い記憶があります。

Q8 これから合格を目指す方へのアドバイス

USCPAの勉強は、会計や監査、税務だけでなく、ビジネスマンにとってあった方がいいであろう様々な知識をカバーしており、グローバルで見ても大変市場価値の高い資格だと思います。また、最低限の英語のスキルも保証されると思いますし、ビジネスでの活躍のフィールドは数知れないとも思います。(実際、私の会社にも部署を問わず、ホルダーは沢山います。)
それだけに、難しい資格ではあると思いますが、取得されたら自分自身の自信にもつながりますし、周りの評価も少なからず変わると思います。
今勉強中の方やこれから合格を目指される方が、(未熟者ですが)私の体験記をご覧になって少しでも励みにしていただけましたら幸いです。頑張って、合格を勝ち取ってください。(偉そうに聞こえたら申し訳ありません。)

  TOPに戻る