U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

受からなければ意味がない、という気持ちで臨むことが大切だと思います。
T.Nさん

2013年8月 U.S. CPA試験合格(メイン州)
FAR:  76点(2012年2月/3回目)
BEC 76点(2013年7月/5回目)
REG  85点(2013年8月/2回目※)※1回目Expire
AUD 88点(2013年4月/3回目)

Q1 U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

仕事でIR業務をしており、会計について一通りの知識はあることを、社内だけでなく投資家等の社外に対して示すのに適した資格だと思ったからです。

Q2 学習開始時の英語力・会計知識は?

簿記2級、TOEIC900点程度

Q3 TACをお選びいただいた理由は?

簿記2級の講座をTACで受講し、よかったため。

Q4 TACの講座でよかったところ

REGの内田先生、杉浦先生の講義や、Beckerの教材が素晴らしかったです。

Q5 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

もともと通学で受講しておりましたが、ちょうどその頃仕事も忙しく、あまり出席できませんでした。結局通信で再受講する形になりました。初回の通学コースの申込から合格まで5年以上かかってしまいました。

Q6 合格までの学習法

基本的には、講義を聞く→Beckerの問題を解く→解けなかった問題については解説を読む→さらに解らなければテキストを読み返す、の繰り返しです。
解けなかった問題はマークをしておき、2回、3回と解きなおしました。AUDの田中先生もおっしゃっていましたが、この試験は穴を作っては受かることができないので、網羅的に勉強し、苦手分野をなくすことが大事だと思います。

FAR、REGについては出題範囲が広いせいか、正答率の割には比較的点数が出やすく受かりやすい科目だと思います。REGのTAXは内田先生のまとめノートが素晴らしかったです。REGは範囲が膨大なため、ネイティブの受験生も苦労するそうですが、まとめノートには重要な論点が凝縮されていて、かなり効率的に学習することができました。また、BLについてはあまり時間がなかったことから杉浦先生のおっしゃるAランク論点を中心に勉強しましたが、それで充分だったと思います。

AUDは苦労しました。学習する内容としては量が少ないため油断していましたが、点数の出づらい科目だと思いました。かなり高い正答率でないと合格できないのではないでしょうか。田中先生が監査手続きなどについて具体的に説明してくださったので、イメージしやすく理解するのにすごく役立ったと思います。また、Audit Reportなどのひな型は一通り覚えました。

BECは一番苦労しました。残念ながらBeckerの問題と実際の試験での出題傾向はずれているように感じました(特にIT)。テキストをよく読み、内容の理解に努め、なんとかぎりぎりの点数で合格することができました。WCについては難しいことを書けなくても文の構成がしっかりしていればいいと思います。基本的にはコンピュータによる自動採点だと聞きましたので、文の構成(フォーマット)がしっかりしていて、出題内容のトピックのキーワードを書くだけでも部分点はもらえるのではと思います。

Q7 受験手続・受験時のエピソードなど

受験手続については、TACの受講生サイトに記載されているとおりに手続きを行い、特に問題なくスムーズに行うことができました。ただ、私はメイン州に出願しておりましたが、科目合格の段階でメイン州の受験要件の引き上げがあったため、科目合格が無効になり、他の州に再出願しなくてはいけなくなるかもしれない状況になってしまいました。しかし、TAC側からの強い抗議のおかげで、科目合格者に対しては旧受験要件で受験の継続が可能となり、大変助かりました。その節はありがとうございました。

Q8 これから合格を目指す方へのアドバイス

私は合格まで長い時間を費やしてしまいましたが、他のことはある程度我慢し、短期集中して合格を目指す方がいいと思います。よく受験要件が変更になったり、試験内容が変わる試験でもありますし、長期間になれば集中力やモチベーションも落ち、なにより時間とお金がもったいないです。私自身だらだらと勉強を続けていましたが、合格できなければ意味がないと思い直してから、集中して勉強し全科目合格することができました。長い間勉強しているけれどなかなか結果が出ずくじけそうになっている方、これまでの努力を無駄にしないためにも、必ず合格するという強い気持ちで取り組んでみてください。
また、1点や2点足りず合格できない場合、実は合格者とは大きな違いがあると思います。たかが1点と思わず、これまでの学習方法をもう一度見直してみてください。苦手分野があると、その分野が足を引っ張ってしまい、他の分野が良くできていても合格できないことがあります。スコアレポートをよく分析して今後の対策を考えてみてください。行き詰ったときなどにはTACの講師陣、スタッフの方に相談するのも大変有効だと思います。みなさまの合格を心よりお祈り申し上げます。

  TOPに戻る