U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談

1.合格者の生の声

願いは叶う
Y.L.さん

2011年4月 U.S. CPA試験合格(メイン州)
FAR: 86点(2011年 4月/ 1回目)、BEC 82点(2011年 4月/ 1回目)、
REG 90点(2011年 4月/ 1回目)、AUD 81点(2011年 4月/ 1回目)

Q U.S. CPA試験にチャレンジしようと思われた理由やきっかけは?

昇進と転職のためです。

Q 学習開始時の英語力・会計知識は?

TOEIC 890点で、大学・大学院とも会計学が専門でした。

Q TACをお選びいただいた理由は?

ネットで検索したらTACが出てきたので他校を考える余地なく選択しました。

Q TACの講座でよかったところ(講師、教材、カリキュラムなど何でも)

講師陣は本当にすばらしいと思います。毎回の授業が待ち遠しくて楽しかったです。
いまでも授業の内容が頭に残るぐらいなので、相当インパクトのある授業でした。
試験を受けてみて、本当にTACの講師たちはプロフェッショナルだと実感しました。
TACは合格の近道です。
カリキュラムもちょうど一年のコースなので、一年で合格したい私にはぴったりでした。

Q 通学・通信どちらで学習されましたか?合格までの学習期間は?

毎週土曜日の通学でした。合格までの学習時間はちょうど一年でした。

Q 合格までの学習法(全般的なこと/科目別)

毎回授業の後にはすぐ復習し、テキストの問題、TACの問題集の問題、Beckerの問題を一通り解き、テキストの内容を定着していきました。試験の3ヶ月ぐらい前からは全科目2回目と3回目の回転をやって、時間の配分を意識しながら正確かつスピーディーに問題を解く練習をしました。

Q 受験手続・受験時のエピソードなど

試験の初日はあまりにも緊張し過ぎて、心臓が飛び出るような思いで大変でした。
初日と二日目に受けたFAR,BECに比べて最後に受けたAUDは一時間も時間があまり、結構余裕だったのですが、点数が一番低くて目を疑いました。AUDに関しては苦手にしている日本人の方が多いということを聞いて、Beckerの問題に関しても補助問題まですべて解いて試験に臨みましたが、思うどおり点数がいかず、ちょっと不思議な感じがします。

Q これから合格を目指す方へのアドバイス

はっきりした目的意識を持って、あきらめずに続ければ必ず希望は叶うので、何と言っても途中であきらめないことですね。始めたからには最後まで頑張れば結果は出ます。

 

  TOPに戻る