Sample Becker Online演習ソフト

MULTIPLE CHOICE

1 学習分野(Chapter:章)⇒学習項目(Module)ごとの分類

学習項目(Module)ごとのポイント理解と問題演習が可能です。
例えば、FAR
⇒ F1:Conceptual Framework and Financial Reporting
⇒ M1:Standards and Conceptual Framework

 

2正答率%の表示

学習項目(Module)ごとに正答率(累積)が表示されますので、苦手な項目をスピード補強することが可能です。

 

3 演習問題の選択基準

下記のいずれかを選んで、効率的な問題演習を行うことができます。

 

4 解答時間の表示

問題演習画面に解答時間(Time Spent)が表示されます。本試験におけるタイムマネージメントに役立ちます。

 

5電卓の表示

本試験で使用するのとほぼ同じ電卓が表示されます。

 

6メモの入力

必要に応じて、自分のメモを入力し保存できます。※日本語入力可。

 

7印刷ボタン

問題と解答解説を1枚の用紙に印刷することができます。

 

8「LECTURE」ボタン

演習中の問題について、Beckerテキストの対応するページが表示されます。自分なりにBeckerテキストの一部を加工(ハイライトや自分のメモを入力)する機能も付いています。さらに、Beckerテキスト内キーワード検索機能があります。

 

9★マークの設定

自分で★マーク付けた問題のみを解く機能(上記3 )がありますので、特に再チャレンジしたい問題に★マークをつけておきましょう。

 

10解答解説の自動表示

正しいと思う選択肢をクリックすると、正解 ⇒ 緑色 / 不正解 ⇒ 黄色 となる。同時に、画面下部に解答と分かりやすい解説が表示されます。


教材サンプルダウンロード

FAR
FAR MC
BEC
BEC MC
REG
REG MC
AUD
AUD MC

 

CLOSE