講義パック 合格者からの声
Q:科目パックを選んだ理由は?
  • すでに2年近く勉強していて3回も受験に行ったのですが、どうしても合格できない残りの2科目をなんとかしようと思い(科目合格の失効も怖いので)、思いきってTACの本科生講義パック&Becker教材を申込みました。その後直前対策も受講して、4回目の受験で全科目合格です!TACとBeckerのおかげです。
  • 日本の公認会計士試験に合格した後、アラスカ州の受験資格を満たす単位も持っており英語にも自信があったため、FAR・AUD=Becker教材のみ、BEC・REG=Becker教材と本科生講義パックを受講しました。全科目初回受験で合格することができました。FAR・AUDについてBeckerのテキストを読みくだすのに時間がかかってしまったので、今思えば、本科生コースを申し込めば良かったかと思っています。
  • U.S.CPAにチャレンジしたいと思っていましたが私に出来るか不安だったので、まず、本科生講義パックでFAR1のみ受講してみました。初めて英語で会計を勉強する人にもわかりやすいテキストと講義で、「私にも出来る!」と実感できました。その後、本科生を受講し、トータル2年弱で合格です。余計なコスト(本科生講義パックFAR1)をかけてしまったのかもしれませんが、不安を解消して自信をもって勉強に打ち込めたので、自分としては良かったと思っています。(TAC日商簿記3級本科生受講者)
  • 米国大学を卒業し米国で働いています。働き始めた頃に、同期で合格していた人が皆Beckerを使ったと聞き、私もBeckerを使おうと思いました。ただ、日本人として日本語での会計知識を補充する必要があるなと思っていたので、全科目のBecker教材と2科目だけ本科生講義パックを申し込もうと思いましたが直前対策も魅力的だったため、悩んだあげく本科生にしました。感想としては、ゼロから日本語で学習でき、本当に良かったと思っています。そして、講義を通じてUSCPA試験は基礎的な部分しかでないんだ・・とポイントを最低限に絞れ、本試験に望むことができました。私のように米国大学を卒業した人は、ゼロから学習なんて・・講義が基本的すぎると思われる方もいるかもしれませんが、日本人としての実務を考え、そして一発4科目合格を目指すならその効果は絶大だと私は思います。TACの日本語教材は素晴らしいです。(初回受験4科目合格者:米国在住)

もっと聞きたい!合格体験談

堀江 正純さん TACの講座でよかったところはなんと言っても講師陣
堀江 正純さん
PICK UP