本科生合格者の方からの声
Q:本科生を選んだ主な理由&受講して良かったところは?

  • 日本で唯一Beckerとコラボレーションしているコースだったから、迷わず本科生を選びました。英語が得意だとはいえない自分が全科目一発合格できたのも、コラボレーション効果のおかげです。
  • 日本の公認会計士試験に合格していたので、他のスクールと教材の中身(質)を比較して、TACに決めました。私のように英語にあまり自信がない人には本科生をお勧めします。
  • 他のスクールの人も最後は結局BeckerのCD-ROMを使っている人が多いと知人に聞き、「会計といえばTAC」なので、本科生コースを選びました。学習の流れがスムーズで、本科生にして良かったと思いました。
  • 理解重視の講義に魅力を感じました。講義は99回×3時間ですが、ポイントをつかんだメリハリのある講義でした。
  • お金と時間に余裕がなかったので、確実に合格できそうなTACを選びました。講義時間数が決め手です。TACのおかげで2科目ずつ一発合格できましたが、周りを見てもTAC生は本当に一発合格者が多いと思います。

  • TACの本科生コースは、講義99回・Becker教材・直前対策まで付いていて、他校よりかなりお得ということもあり、TACに決めました。
  • 受講料も割安で、一部上場しているTACなら何かと安心だと思ったからです。

  • 各種フォローや5年間継続再受講制度などの特典をじっくり比べるとTACの本科生という結論になりました(出張が多いため)。受講生情報サイトもとても分かりやすく丁寧なフォローで勉強だけに集中できました。
  • スタッフの方の対応が良かったことが決め手になりました。受験手続で小さなトラブルがあったときも電話やメールで迅速に対応してくれたので助かりました。
  • 質問メールや定期的にやっている質問コーナーで、すぐに疑問点を解決できました。