U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談
  1. HOME
  2. TACコースガイド
  3. 4.FAQ よくあるご質問

4.FAQ よくあるご質問

学習経験者向けFAQ

本科生・本科生講義パックに関する質問

初学者向けFAQに掲載しております。

Becker30コース・Becker日本語講義DVDに関する質問

Q1 どのような人がBecker30コースの対象者となりますか?

Becker 30コースの対象者は、USCPA学習経験者、米国大学で会計を専攻された方または同等の知識がある方、英語上級者の方で事前知識をお持ちの方です。FAR:公会計やREG:連邦税法&ビジネス法などの学習分野についても “要点レビュー中心”の講義内容となりますのでご注意ください。事前知識が全くない分野については、Becker30コースの本科生講義単科受講制度(有料フォロー)をご利用いただくことになります。

Q2 Becker30コースで単位取得は可能ですか?

はい。Becker30コースの受講で会計5科目(ブラッドリー大学科目名: ATG157、ATG301、ATG302、TG158、ATG314)の単位取得が可能となり、アラスカ州の受験資格を満たすための会計単位を取得できます。他州(例:ワシントン州)の受験資格を満たすためにさらなる単位取得が必要な方は、「本科生講義単科受講制度(有料フォロー)」をご利用いただくことで、必要な単位のみを追加取得することができます。

※使用教材となるBecker教材に関する質問は、下記をご覧下さい。

Becker教材に関する質問

Q1 どのような人がBecker教材を独学で使用しているのですか?
科目合格者の方です。 「Becker日本語講義DVD」または「本科生講義パック」と組み合わせてお申込みいただく方が増えております。詳細は科目合格者向け単科講座をご覧下さい。
Q2 教材サンプルはどこで見れますか?
Beckerテキスト、実践トレーニング集、Becker Online演習ソフトなどのサンプルは、当サイト上のBecker教材の詳細ページでご覧いただけます。
Q3 Becker Online演習ソフトに収録されている問題に対応するテキストは付いてますか?
Becker Online演習ソフトは、必要な科目のBecker教材(Beckerテキスト+実践トレーニング)集と併せてご購入いただく必要があります。なお、Becker Online演習ソフトでの問題演習時に画面左上にある「See Lecture」ボタンをクリックすると、コンピュータ画面上でBeckerテキストの対応ページを瞬時に参照できます。 各種機能のご説明はこちら
Q4 Becker Online演習ソフト利用期間である18ヵ月間が過ぎると、一切問題演習できないの?
TACからPasswordが送信された日から24ヵ月以内、または、初回アクセス日(ログイン日)から18ヵ月以内いずれか早い日付までが利用可能期限です。これ以降は一切アクセスすることはできません。但し、約6,300問(4科目合計)のMultiple Choiceを印刷した紙ベースの「実践トレーニング集」を付属しております。さらに、Simulation(TBS&WC)、Mock Exam(模擬試験)等については、必要なもののみ利用可能期限内にご自身で印刷していただくことが可能です。
Q5 Becker教材は各種新基準に対応していますか?
はい。常に情報の更新をして最新の試験傾向に即した教材です。無駄な情報を省き、効率的な受験対策をしてください。
Q6 無料アップデート可能ってどういうこと?

“オンライン”状態で使用するBecker Online演習ソフトは、随時、改定内容等が反映されます(ダウンロード版をご使用の場合も、コンピュータをインターネットに接続し改定内容等が反映させることができます)。上記のアップデート機能に追加して、科目ごとに受験時期に応じた試験対策を行っていただけるように、年度の境目には旧⇔新バージョンの切り替えも可能です。

Q7 Becker Online演習ソフトの動作条件を教えてください。
■Windows
CPU 2.0 GHz以上を推奨
メモリ 2GB以上必須(4GB以上を推奨)
空きディスク容量 10GB以上
動作OS Windows 7、8、10
ビデオカード 1024×768ドット以上、32色以上を推奨
※ミニノートPCでは画面が小さいためこの条件を満たさない機種では画面の一部が表示されません。

ご注意:上記環境を満たさないPCでは動作しない場合がございます。

■Mac
CPU Intel processor(2.0GHz以上)
メモリ 2GB以上必須(4GB以上を推奨)
空きディスク容量 10GB以上
動作OS

Mac OS X ※last two versions

ビデオカード 1024×768ドット以上、32色以上を推奨

ご注意:上記環境を満たさないMacでは動作しない場合がございます。

Q8 模擬試験(Mock Exam)も収録されているのですか?
はい。試験科目ごとに2回分のMock Exam(模擬試験)が収録されています。試験の形式・試験時間が本試験とまったく同じなのはもちろんですが、試験中の休憩のとり方など細部にわたりソックリです! 試験形式、試験時間、試験時間中の休憩の取り方などの時間管理など、本試験と全く同じ環境で模擬演習をすることができます。
Q9 Becker教材の単科申込みでも、フォロー制度は利用できますか?
Becker教材・直前対策のみをお申込みの場合、「受講生情報サイト」および「フォローアップセミナー」をご利用いただけます。上記2つ以外のフォロー制度はご利用いただけませんので、予めご了承ください。詳細につきましては、フォロー制度へ。
受講生情報サイトでは、日本に居てはなかなか入手しにくい最新情報がリアルタイムで入手できます。緊急度が高い情報については、受講生情報サイトへの初回ログイン時にご登録いただくメールアドレスに随時お送りしています。
Q10 Becker教材を用いた実践期の学習方法を教えてください!
本科生向けに学習方法をご紹介したページがございます。実践期をご覧ください。

直前対策に関する質問

Q1 どんな人が直前対策を単科で使用しているのですか?

独学や他校での学習経験者の方、TACにて科目別各種パックのみをご受講の方です。
下記のいずれか(または複数)を主な目的として、Simulation対策/Written Communication対策総まとめ講義をお申込みいただいております。

1)Simulation対策/Written Communication対策の強化のために
2)総まとめ用教材として
3)学習内容のアップデートを行うために

<参考> 本場米国で行われているBecker CPA レビューコースにおいても、直前期に数日間で総まとめができるFinal Review コース(= TACでいうSimulation対策/Written Communication対策総まとめ講義)を受講される方が多いようです。直前対策として人気が高い講座となります。

Q2 どのタイミングで受講するのがベストですか?
Simulation対策/Written Communication対策総まとめ講義は、本試験受験予定日から遅くとも2週間前までに受講されることをお勧めしております。サマリーノートはもちろん、出題の可能性の高い論点を網羅した直前期のためのSimulation問題は必見です。自分では気づかなかった弱点や忘れてしまっていたポイントなどの総点検を行い、合格を確実なものにして下さい。
Q3 教材サンプル・デモ講義はどこで見れますか?
直前対策で使用する教材サンプルは、当サイト上の直前対策の詳細ページでご覧いただけます。 体験特別講義(デモ講義)は、TAC動画チャンネルをクリックして「無料体験講義」の中から直前対策をご選択ください。※ ご視聴にあたっては視聴申込(無料)が必要となります。
Q4 Becker Online演習ソフト収録のSimulation問題と同じものが掲載されているのですか?
いいえ。 Simulation対策/Written Communication対策総まとめ講義テキストには、直前期のためにBeckerが独自に開発した問題が掲載されています。

直前期のためにBeckerが独自に開発した問題は、最新の傾向を踏まえ、出題の可能性が高い論点を網羅しています。解説講義を通じこれらの問題をしっかり攻略すれば、本試験でTBS・WCが得点源と考えられるはずです。

Q5 直前対策の単科申込みでも、フォロー制度は利用できますか?
Becker教材・直前対策のみをお申込みの場合、「受講生情報サイト」および「フォローアップセミナー」をご利用いただけます。上記2つ以外のフォロー制度はご利用いただけませんので、予めご了承ください。詳細につきましては、フォロー制度をご覧ください。。
受講生情報サイトでは、日本に居てはなかなか入手しにくい最新情報がリアルタイムで入手できます。緊急度が高い情報については、受講生情報サイトへの初回ログイン時にご登録いただくメールアドレスに随時お送りしています。

上記以外の海外ならではのご質問は、別ページに掲載しております。海外在住の方向けページのよくあるご質問をご覧ください。

TOPに戻る