U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談
  1. HOME
  2. TACコースガイド
  3. 3.単位取得について ブラッドリー大学(BU)とは

3.単位取得について

ブラッドリー大学(BU)とは

ブラッドリー大学(BU)写真

TACが提携しているブラッドリー大学(HP URL: http://www.bradley.edu/)は、イリノイ州ピオリアにある総合大学で、ビジネススクールとしての評判も高い上、同大学出身者がU.S.CPAとして多数活躍しています。ブラッドリー大学では実務の世界に直結した内容の会計、ビジネス系科目の講義が数多く行われています。特に同大学はAACSB(※)で認可されている大学です。そのため特に日本の大学をご卒業の方は、ブラッドリー大学の単位を追加することにより、出願できる州の選択肢が大幅に広がります。

ブラッドリー大学経営学部 学部長 ダレル・ラッドソンからのメッセージ

ブラッドリー大学会計学科 准教授 スティーブン・カーからのメッセージ


NEWS
U.S.CPA合格後にブラッドリー大学院留学への道!
ブラッドリー大学院のMaster's of Accountancy(会計修士課程)・Master's of Business Administration(MBA:経営学修士課程)では、TACの「ブラッドリー大学単位認定試験プログラム」で取得した単位が修士課程修了単位の一部として認められるため、約1年(通常2年)の留学で修士号を取得することができます。修士課程終了時には、米国内での就労に必要な最大1年間のビザを申請することが可能です。

上記に関するご質問は、ブラッドリー大学院 担当者へ直接お問い合わせいただくことになります。お問い合わせ先については、「受講生情報サイト」上に掲載しております。
TACでは、ブラッドリー大学院への留学サポートは行っておりませんので予めご了承ください。

<参考> ブラッドリー大学はAACBSで認可されている大学であるため、TACの「ブラッドリー大学単位認定試験プログラム」で取得した単位が米国内の大学院修士課程における修了単位の一部として認められる可能性は高いといえます。大学院により修了単位の一部として扱う際のルールが異なりますので、各大学院の事務局にご確認いただけますよう、お願い申し上げます。
ブラッドリー大学単位認定試験プログラムでは、
イリノイ州ぺオリアのキャンパスで学習し取得するのと同等の「本物」の単位であるからこそ、自宅でのインターネット受験を認めていません。

TOPに戻る