U.S.CPAを目指す方のためのサイト
サイトマップ
TAC米国公認会計士講座U.S.CPAを目指す方のためのサイト
TAC国際資格講座 FacebookTAC国際資格 twitter 資格の学校TAC
受験生情報サイト
  • HOME
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • TAC動画チャンネル
  • メルマガ
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 講座説明会
  • 無料体験入学
  • お問い合わせ
  • 合格者の生の声
  • 割引制度
  • 監査・税部・経理・コンサルの就職相談
  1. HOME
  2. TACコースガイド
  3. 1.開講コース内容:本科生コース 7.フォロー制度&本科生特典

1.開講コース内容

本科生コース

7.フォロー制度&本科生特典

TACだからできる充実したフォローシステムで学習をバックアップします。本科生だけの嬉しい特典も見逃せません!

お申込前からご利用いただける“無料”サービス

受験資格取得状況診断サービス

現段階での受験資格の診断と、最適な出願州選びのお手伝いをいたします。

診断申込書ダウンロード(PDF)

個別カウンセリング

TACでは、U.S.CPA専門窓口をご用意しております。受講申込み前後を問わず、個別に対応させていただいておりますので、お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

メールを送る

体験入学

無料体験入学制度がございます。お申込前に実際の講義をぜひ体験してください。

無料体験入学 詳しくはこちら

USCPAメールマガジン

毎週水曜日に配信しているメルマガです。最新試験情報、TACからのお知らせ、TAC講師の連載、現役受験生のリアル学習日記など、お役立ち情報が盛り沢山です。

メルマガのご登録

受講に関するフォロー

講義音声ダウンロードフォロー(全受講形態)
細切れ時間をフル活用

本科生・本科生講義パックの方は、受講有効期限の間、ご入学コースの通信講座「講義音声(WMA形式)&講義録(PDF形式)」をインターネットからパソコンに“無料”ダウンロードできます。

体験版で動作環境等を確認する

※(ご参考)講師のコラム第73弾:短期一発合格者は講義を2回聴く!もご覧いただけると幸いです。

欠席DVDフォロー(教室講座のみ)

本科生・本科生講義パックの方が対象です。欠席された講義を、TAC各校の個別DVDルーム内の個別ブースにてご視聴できます(有料\500/回講義録付き!)。
DVD・ブース予約システムでブースを事前に予約してください。
※TAC直営校であれば、どの校舎でも構いません。TAC提携校は不可。校舎一覧MAP

重複受講フォロー(通学スタイル:教室講座・個別DVD講座のみ)

本科生の方が対象です。既に受講した講義を、最大10回まで、TAC各校の個別DVDルーム内の個別ブースにてご視聴頂くことができます(有料\500/回講義録付き!)。
DVD・ブース予約システムでブースを事前に予約してください。
※TAC直営校であれば、どの校舎でも構いません。TAC提携校は不可。校舎一覧MAP

自習室(全受講形態)

TAC各校では、授業等で使用していない教室を自習室として解放しています。「自習室検索サイト」にて最寄りの校舎の空き教室を確認できます。自習室検索サイトは受講生情報サイトでご案内しております。

 

学習に関するご質問は・・・

質問コーナー

講師が1対1でご質問にお答えする質問コーナーを、渋谷校/新宿校で定期的に実施しています。スケジュールは、受講生情報サイトでお知らせしています。本科生コース・本科生講義パック・Becker30コース・Becker日本語講義DVDをお申込みの方が対象です。

質問E-mail

疑問点などをいつでもメールでご質問いただけます。講師・専任スタッフが、わかりやすく丁寧にお応えします。本科生コース・本科生講義パック・Becker30コース・Becker日本語講義DVDの方が対象です(受講有効期限内に、本科生コース50件、本科生講義パック20件/科目、Becker30コース30件、Becker日本語講義DVD10件/科目までご質問して頂くことができます)。

受験手続に関するサポート

受講生情報サイト

最新試験情報、出願手続の仕方、お知らせメール履歴など、受講生に必要な情報が集約されているサイトです。日本に居てはなかなか入手しにくい最新情報が、リアルタイムで入手できます。緊急度が高い情報については、受講生情報サイトへの初回ログイン時にご登録いただくメールアドレスに随時お送りしています。
※ 当サイト内には、受講生の交流の場となる「受講生掲示板」をご用意しています。

受講生情報サイトの詳細

フォローアップセミナー

TACでは、受験・学習に関する各種セミナーを定期的に開催しております。 このフォローアップセミナーは受講生情報サイト上で動画配信をしておりますので、必要な情報をいつでも、どこからでも取り出していただくことができます。

<予定セミナー>
(1)本科生オリエンテーション
(2)出願州選択&出願手続きセミナー
(3)直前相談会

電話・E-mailによるUSCPA専用サポートデスク
フリーダイアルだから安心

受験手続等の各種詳細情報は「受講生情報サイト」に掲載しておりますが、ご不明な点などがございましたら、フリーダイヤル(お電話)・受講生専用E-mailでUSCPA専任スタッフに直接ご質問いただけます。フリーダイヤルのサポートデスクを設置しているのは、日本でTACだけです!
※ 専用フリーダイヤル・E-mailは受講生情報サイトにてご案内しております。アメリカ・カナダ在住の方からのご質問は、TAC北米オフィスのフリーダイヤル・E-mailにてお受けしております。

フォロー制度一覧表

  教室講座
教室講座
通学ビデオ講座
個別DVD
講座
DVD通信講座
DVD通信講座
Web通信講座
Web通信講座
欠席DVDフォロー
重複受講フォロー
講義音声ダウンロードフォロー
質問コーナー
質問E-mail
便利なオプション Webフォロー
24ヵ月教室フリーパス
5年間継続再受講制度
U.S. CPA受講生情報サイト
フォローアップセミナー
自習室  

★本科生のみ ○本科生・本科生講義パック生 共通 
◎右記をお申込みの方共通(本科生・本科生講義パック・Becker30コース・Becker日本語講義DVD・Becker教材・直前対策)

本科生だけの特典

本科生だけの嬉しい特典として、「24ヵ月教室フリーパス」や「5年間継続再受講制度」があります。本科生コースはもちろん、教育訓練給付制度の指定講座です!

本科生だけの特典をフル活用しよう!

例えば4月開講の本科生の場合
24ヵ月教室フリーパス

本科生の方は、受講形態(通学・通信講座)に関わらず、受講有効期限の間(ご入学のコースの開講月から24ヵ月後の末日)に開講しているすべての教室講義に自由に参加できます。 モチベーションの維持や苦手科目の克服などにご活用ください。

教室講座は、年4回、3ヶ月ごとに開講しています。よって、各四半期に“全科目”の教室講義が渋谷校または新宿校にて行われています。

教室講座 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
春入学(4月開講)
教室:渋谷校土曜クラス
FAR
BEC
REG
AUD
夏入学(7月開講)
教室:新宿校日曜クラス
AUD
FAR
BEC
REG
秋入学(10月開講)
教室:渋谷校土曜クラス
REG
AUD
FAR
BEC
冬入学(1月開講)
教室:新宿校日曜クラス
BEC
REG
AUD
FAR

24ヶ月フリーパス利用の注意点

詳細を表示

教室への入室時に「会員証」をご提示いただきます。

教材について

TACテキスト・問題集は、最新の出題傾向を基に毎年改訂しています。そこで、ご入学のコース(例:春入学コース)と異なるバージョンの教材を使用する教室講義に参加される場合には、受講有効期限内であれば各科目原則1回まで異なるバージョンのTACテキスト・問題集を無料にてご提供させていただいております。

※ 教室講座開講校舎である渋谷校・新宿校の受付窓口で、会員証をご提示の上、お受け取り下さい。郵送等でのご送付はできかねますのでご了承下さい。

補足事項

※ 各コースの開講日(例:4月スタートの場合の開講日は4月初旬)から遅れてお申込みいただいた場合には24ヶ月未満となることをあらかじめご了承ください。
※ 通信専用クラスは、教室での講義を実施しておりませんので、対象外となります。
※「教育訓練給付制度」をご利用される場合、教室講座の方はお申込みコース以外のコースの教室講義への参加(例:春入学の方が夏入学の教室講義へ参加)、個別DVD講座の方は教室講義への参加 が出席率に反映されませんので、ご注意ください。

5年間継続再受講制度 (有料フォロー)

本科生の方は、受講有効期限(ご入学のコースの開講月から24ヵ月後の末日)終了時から最長5年間、本科生講義・Becker日本語講義DVD・Becker教材・直前対策等を安価な受講料で再受講いただけます。また、本制度は“受講有効期限内(受講中)”でもご利用いただけます。

本科生講義を再受講される際には、試験科目ではなく、“単科(例:FAR3、IT、TAX)”ごとにお申込みいただけます。受講形態は、通常受講期間での登録内容を問わず、5種類のいずれもご選択可能です(例:教室講座の方が特定の単科のみDVD通信で受講可)。苦手な学習分野の克服にお役立てください。なお、再受講時には教室フリーパスをご利用いただくことはできません。

■本科生講義 再受講料

講義回数により異なります。例えば、FAR1(全10回)の再受講料は以下のとおりです。

【通学】個別DVD講座で再受講
(教室フリーパス付き)

(国内)\8,640〜

【通信】DVD通信/Web通信/DL通信講座で再受講

(国内)\8,640〜
(海外)\13,000〜

安価な受講料なので、USCPA試験合格後の法改正時など最新のTACテキストを入手する目的で当制度をご利用いただくことも可能です。

Becker教材&直前対策につきましても、最新バージョンを本科生割引受講料でご購入いただくことが可能です。また、Becker30コースの速習講義(Becker日本語講義DVD)を本科生割引受講料でご受講いただくこともできます。

■ Becker教材 本科生割引受講料

Beckerテキスト
Becker Online 演習ソフト
実践トレーニング集
Becker社Lecture(英語)

(国内)\22,000/試験科目
(海外)\22,000/試験科目


■直前対策 本科生割引受講料
DVD通信講座 (国内)\13,000/試験科目 
(海外)\16,000/試験科目

 

■ Becker日本語講義DVD 本科生割引受講料
DVD通信講座 (国内)\20,600/試験科目
(海外)\25,000/試験科目

 

自分にとって一番効率的な“講義時間圧縮”コースも作れます!

詳細を表示

『会計士・税理士の方、他資格合格者(例:日商簿記1級)』の方など、既にお持ちの会計知識と重複している学習分野については、要点レビュー中心の速習講義を受けたい、初めからBeckerテキスト(英語)を用いた講義を受けたいというご要望にお応えするために、本科生コース受講中に、Becker30コースの速習講義(Becker日本語講義DVD)を本科生割引受講料でお申込みいただけるようにしました。自分にとって一番効率的な“講義時間圧縮”コースで最短合格を目指してください。メインコースが本科生コースであればBeckerテキスト(英語)で分からないことがあっても、TACテキスト&問題集(日本語×英語併記)&本科生講義を参照することができるので安心です。本科生コースにBecker日本語講義DVDを組み合わせる場合、受講料の合計は以下のようになります。 例えば、会計士・税理士の方がFAR(財務会計)1科目をBecker日本語講義DVDに替えることで、講義時間を78時間(=108時間−30時間)ほど圧縮することができます。安価な追加コストで自分仕様にカスタマイズ(特注)することが可能なので、是非ご活用ください。

USCPA本科生コース
通常受講料 税込\494,000〜
会計士・税理士割引の適用で税込\419,900〜)
他資格合格者割引の適用で税込¥444,600〜)
<科目別 本科生講義時間>※直前対策を除く。
FAR(3時間×36回=108時間)、BEC(3時間×19回=57時間)
REG(3時間×27回=81時間)、AUD(3時間×17回=51時間)

Becker日本語講義DVD  ※5年間継続再受講制度(有料フォロー)適用時
本科生割引受講料 税込\20,600(国内)/試験科目
<科目別 Becker日本語講義時間>※直前対策を除く。
FAR(3時間×10回=30時間)、BEC(3時間×6回=18時間)
REG(3時間×8回=24時間)、AUD(3時間×6回=18時間)

単位取得と併せた学習プランはどう作れば良いのか?!

詳細を表示

TACでは、「キャリアアップのためにできれば○月までには受験したい」「仕事の都合で、○月にしか受験に行けない」などのご要望を踏まえ、最適な学習プランとお申込みコースをご提案させていただいております。【お名前】【ご希望の学習期間】【受験希望時期】【出願予定州】【ご希望の受講形態】を明記のうえ、お電話またはメールにてお問い合わせください。

メールを送る

現状での単位取得状況により学習プランが異なりますので、「TAC無料受験資格取得状況診断サービス」を併せてご利用ください。

診断申込書ダウンロード




教育訓練給付制度 指定講座

本科生は、どの受講形態をお選びになっても教育訓練給付制度がご利用いただけます。雇用保険に3年以上(※初回のご利用に限り1年以上)加入されている方なら、受講料の20%(上限10万円)の給付金が支給されるので、働きながら学習する方にとって大変お得です!

教育訓練給付制度をご利用の場合は、お申込みのコースの講義終了日(※受講有効期限終了日ではありません)までに以下の修了要件を満たすことが必要です。

通学講座 80%以上の出席率と修了試験での60%以上の正答率
通信講座 添削回数の80%以上のご提出(受講期間内)と修了試験での60%以上の正答率

なお、教育訓練給付制度のご案内のリーフレットにも掲載しているTAC教育訓練給付制度申込書を講座お申込み後1ヵ月以内にご提出ください。TAC受付窓口でお申込みの場合は、お申込み時にこの申請用紙をあわせてご記入の上ご提出ください。郵送にてお申込みの場合、申込書送付時に同申請用紙をご請求いただき、必要事項をご記入の上、ご返送ください。

教育訓練給付制度についての詳細はこちら。

TOPに戻る