トップページ > 公認会計士とは? > 公認会計士試験

公認会計士とは?

公認会計士試験

チャレンジしやすい試験制度!

2006年に開始された現行の試験制度では、受験資格の撤廃や科目合格制度の導入により、従前の会計士試験と比べて「試験勉強と、学校や仕事との両立がしやすくなり、チャレンジしやすい試験」になったと言えるでしょう。ここでは、試験制度の概要と、学習を始めるにあたって押さえておくべきポイントを紹介します。

公認会計士試験

短答式試験概要

短答式試験のあり方・役割
公認会計士になろうとする者に必要な専門的知識について、基本的な問題を幅広く出題することにより、論文式試験を受験するために必要な知識を体系的に理解しているか否かを客観的に判定する試験

論文式試験概要

論文式試験のあり方・役割
公認会計士になろうとする者に必要な専門的知識を体系的に理解していることを前提として、特に、受験者が思考力、判断力、応用能力、論述力等を有するかどうかに評価の重点を置くことにより、公認会計士になろうとする者に必要な学識及び応用能力を公認会計士試験として最終的に判定する試験

試験制度の詳細はこちらでご確認ください。

公認会計士への一歩はココからスタート!

  • 無料セミナー
  • 個別受講相談
  • 無料体験入学
  • 質問・相談コーナー